無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第42話

一途な人だから
あなたside
久しぶりの壱馬との会話。


ずっと話してられる。
川村壱馬
あ、遅いから送っていくよ。
あなた

大丈夫!ここから近いし

川村壱馬
何言ってんの、黙って送られとけばい ~ の。
と、私の頭にズシッと壱馬の手。
何も言えず私は壱馬に送られることに。
あ、玲於くん帰ったんだ。


疲れてるし、当たり前だよね。


いつも玲於くんは私を待っててくれて飲みに行く時は


必ず送ってくれてる。


メンバーは 珍しい とか ありえない って騒いでるんだけど


これこそが玲於くんの本性で優しさなんだと受け取る。


そして、帰り途中に静かな空間を消した壱馬
川村壱馬
なぁ、
あなた

ん?

川村壱馬
玲於さんとなんかある?
あなた

え?

川村壱馬
いやっ、仲良さげだから…
玲於くんとは仲良くさせてもらってるけど


そんな深い繋がりはない。


私は持たないよ?そんな感情。


壱馬はどうなの…?


私に内緒で…
prrrrrrrrrr
私の携帯かと確認するけど画面は暗いまま。
川村壱馬
わり…
壱馬の携帯。
私から遠く離れたところで電話をしに行く。


…葵ちゃん…?


自分だって…葵ちゃんとまだ連絡取って会ってるんでしょ。


私の事心配するより自分を心配すればっ…?
あなた

ねぇ、壱馬。

電話の途中に壱馬に話しかけた。


待って、と言われるがそんなの構わない。
あなた

私じゃない人と会ってるんだよね。

川村壱馬
待てって…
あなた

知ってるよ、私。
この前見ちゃったもん。

川村壱馬
は?
壱馬が私をじっと見た。


携帯も下にブランとぶら下げて通話を切る。
あなた

あ ~ あ…言いたくなかったんだけどなぁ…

必死に零れそうになる涙を堪える。
川村壱馬
あなた…?
優しい声で私を呼ばないでよ…
あなた

大丈夫!私は…

川村壱馬
いや、訳があるんだ。
あなた

聞きたくない!

ついに、留めておいた涙が滝のように溢れてくる。
川村壱馬
…ごめん。
いつかは絶対話すから。
今日はとりあえず帰ろ。
私の手を取ろうとする壱馬の手を払い除けた。
あなた

もう、私限界かも。

川村壱馬
え?
あなた

ずっとずっと壱馬が好きでその光景を見た時は
もう壱馬私のこと好きじゃないんだぁって
放心状態になってて何もかも手に付かなかった。

何語ってんだろ…私。
あなた

会う度に、ドキドキしててまだ壱馬私のこと少しでもって、期待してたんだけど…
やっぱ、その期待には壱馬は応えてくれない。

川村壱馬
いや、好きだよ、あなた、
あなた

もう、いいよ。
私じゃなくて!

川村壱馬
なんで
あなた

何かあるんでしょ、その子に。

川村壱馬
え?
あなた

じゃなきゃ、壱馬は浮気なんてしない。
そう信じてるから。

川村壱馬
あなた…
壱馬はそんな中途半端な事はしない人。


ただ一つのことに集中する。


一途な人だもん。


けど、そうでもいかなくなるほど


大事な事があるから連絡取って会ってる。


例え、そうじゃなくても私はそう思うから。
そうじゃないよ、と分かってしまうと


もっと立ち直れなくなる。
川村壱馬
ほんまにごめん。
隠れてコソコソしてる俺が悪い。
あなた

ううん…

川村壱馬
実はな。
あなた

いいっ!

川村壱馬
え?
あなた

話してくれなくて平気。

川村壱馬
そう…か。
あなた

壱馬、

川村壱馬
ん?
もういいんだ。


大好き、壱馬。


あ、間違えた…



































あなた

大好きだったよ、壱馬。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

お れ お
お れ お
おれお、頑張ってきます。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る