無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,073
2021/06/04

第2話

1
(なまえ)
あなた
は〜い、じゃあやっていくよ
プルルルルルッ📞
(なまえ)
あなた
もしも〜し
アンチ
アンチ
もしもし
(なまえ)
あなた
あなたで〜す、知ってます?
アンチ
アンチ
知ってますけど…なんなんですか?
(なまえ)
あなた
ちょっと聞いてみたいことがあってね〜
(なまえ)
あなた
『あなたは誰のアンチをしてるんですか?』
アンチ
アンチ
は?それはねまふまふとかって言うやつだよ
(なまえ)
あなた
……なんでまふのアンチをしてるんですか?
アンチ
アンチ
あんなやつ本当は歌が上手くねぇよw絶対あいつ自分のことかっこいいとか思ってるだろw
(なまえ)
あなた
………あ?
アンチ
アンチ
ビクッ
(なまえ)
あなた
お前にまふのなにが分かるんだっつうんだよ、なにが歌上手くないだよ?とっても怖いインターネットの世界に出たんだよ?とてもすごいやつだろ
(なまえ)
あなた
まふは今までよくやってきた、とっても辛い時もあった、けれども自分を推してくれてるからこそもっと頑張ろうってやってきてんだよ
(なまえ)
あなた
なにも知らないやつが横から口出すな
(なまえ)
あなた
そして…もうまふのアンチなんてやめろ
アンチ
アンチ
っ…すみません、私が間違ってました…
アンチ
アンチ
すみません…
(なまえ)
あなた
もういいです、俺もごめんなさい
(なまえ)
あなた
じゃあ、さようなら
ピッ📞


















(なまえ)
あなた
また勝った
(なまえ)
あなた
みんな見てくれてありがとう
(なまえ)
あなた
じゃあバイバーイ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〉説明力4:圧力6…あなたくんの圧力怖い…
〉まふくんのことよくわかってるって言うのがよく伝わってくる…
〉まふくんのアンチが少しでも消えてよかった