無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

*
いやでもまだ間に合う!!!!
そう思う前に僕の体は動き出していた
これでも一応バスケ部だったので体力には自信があります!!
会社まで全速力で走れば間に合うはず…!!
まだ希望を捨ててはいけませんっっ
僕は心の中で叫びながら走った(
🐰  はぁはぁ‥
今は何時…?
会社に着いたが怖くて時計が見れない…
🐰  う…
僕は勇気を出して時計を見た
🐰  8時56分…!!!!
🐰  間に合った!!!!!!!!
?  中まで入らないと遅刻するよ?新入社員ちゃん
next ___

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ぐぅの助(3) @低浮上
ぐぅの助(3) @低浮上
365日 やんこち推し。 * 推しほど尊いものはないと思ってます。( * おじいちゃん更新 ごめんなさい。 * ふぁんねーむ ) ぐぅのこ * ふぁんまーく ) 🐰🌷 * たまにフォロー返してます( ¨̮ )( ¨̮ ) * わけわかめだぁぁあ((((スキヨ♡
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る