第14話

13話 あなた目線
930
2018/07/31 22:31
翌朝

今の時刻
6時半。

朝ごはんを作った。

卵焼き
納豆
みそ汁(なめこ)

なんやかんや出来た。

並べた。

優梨「お姉ちゃーん」

あ「優梨。
おはよう^^
どうした?」

優梨が泣いてる。

優梨「お姉ちゃんがいなくなる夢見た(泣)」

あ「よしよし。
怖かった?
大丈夫大丈夫^^
お姉ちゃんは、ずっと
優梨の所にいるから^^」

まだ、小学一年生だからね。
不安だよね。

あたしは、優梨慰めた。

優梨「お姉ちゃん・・・」

あ「大丈夫?」

優梨「うん。」

あ「ご飯食べようか^^」

優梨「うん!」

あたしと優梨は、ご飯を食べた。

そして
仕事場に向かう。

不安になってきた。

カチャ

あ「おはよう♪」

優梨「おはよう!」

翔「おはよう^^」

朝から、爽やかですね!
翔ちゃん!(*´ω`*)

翔「てか、何かあった?
優梨ちゃん、涙のあとがあるよ。」

あ「この間、耳鳴りするって言ったでしょう?」

翔「うん。」

あ「昨日検査しに行ったら、
左耳が聴こえなくなってるって言われたんだよね。」

カチャ

潤ニノ「おはよう(ございます)。」

続き言おうとしたら
潤くんとニノが来た!

優梨あ翔「おはよう♪」

潤「聞こえちゃったんだけど
左耳聴こえないの?」

あ「うん・・・」

ニノ「そうなんですね・・・
でも、だからって
差別はしませんよ。」

潤「ずっと嵐だからな^^」

あ「ありがとう。
あと、まだ、病気があるの・・・」

潤「話してごらん?」

カチャ

智雅紀「おはよう!」

あ翔潤優梨ニノ「おはよう(ございます)♪」

雅紀「なんか話してた?」

潤「あなた、左耳聴こえないらしいよ。」

雅紀「そうなんだ。
耳鳴りするとか言ってたもんね。
それで、左耳聴こえないの?」

あ「うん。
あと、もう1つ
病気があるの。」

受け止めてくれるかな。

不安だよ・・・

.

プリ小説オーディオドラマ