無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

陸話
その頃あなたは
あなた

あ…れ?迷っちゃった?

屋敷の中で迷子になっていた。
あなた

えっと…、蝶屋敷から出てきてこの屋敷に入っけど…。ここどこ?

曲がり角を曲がろうとした瞬間

ドンッ
あなた

いたたた…。すいません、大丈夫ですか?

不死川実弥
不死川実弥
痛ってーな、おい!って…。
不死川実弥の顔が赤くなった。
不死川実弥
不死川実弥
…、いや大丈夫だ。それよりもお前は?
あなた

私はあなた、階級庚です。

不死川実弥
不死川実弥
俺は風柱、不死川実弥だ。お前、どうしてここに来た?
あなた

ちょっと迷子になっちゃって。

不死川実弥
不死川実弥
そうか、ちょっとこい。
不死川さんについて行くとひとつの部屋に案内された。
不死川実弥
不死川実弥
遅くなってすまん。
冨岡義勇
冨岡義勇
… 不死川、その女子は?
不死川実弥
不死川実弥
あ"?迷子になってたから連れてきただけだ。
時透無一郎
時透無一郎
今は柱だけの会議中なんだけど。
あなた

そ、そうですよね!私、1人で元のところまで帰りますので…

不死川実弥
不死川実弥
おい、待て。お前を紹介するために連れてきたんだからここに座っとけ。
あなた

え?

甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
あのう…、さっきから気になっていたんですが不死川さん顔真っ赤ですよ…?大丈夫ですか?
時透無一郎
時透無一郎
もしかして不死川さんこの子のこと…
不死川実弥
不死川実弥
うるせぇ!黙ってろ!おい!お前は黙ってないで自己紹介しろ!
あなた

え、あ、はい!私はあなた、階級庚です!

悲鳴嶼行冥
悲鳴嶼行冥
不死川が女子を連れてくるとは…。珍しい。
伊黒小芭内
伊黒小芭内
不死川が紹介するためだけにここに連れてきたとは思えない。
不死川実弥
不死川実弥
あ"?お、俺はこいつが将来すごいやつになると思って今のうちに紹介しとこうと思っただけだ!それ以外にはなんもねえ!
冨岡義勇
冨岡義勇
…あなた、胡蝶のとこのやつじゃないか。俺が連れていく。その間会議を進めといてくれ。
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
(あぁ!不死川さん、まだ顔が真っ赤だわ!可愛い!)
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
冨岡義勇
冨岡義勇
あなた

冨岡義勇
冨岡義勇
…怪我は大丈夫なのか。
あなた

え、はい!胡蝶さんの薬でもうほとんど完治しています!

冨岡義勇
冨岡義勇
それは良かった。
あなた

…あの、あなたは?

冨岡義勇
冨岡義勇
俺は水柱、冨岡義勇だ。…着いたぞ。
あなた

あ…、ありがとうございました!

冨岡義勇
冨岡義勇
では俺は戻る。胡蝶にもすぐに会議に来るように伝えておいてくれ。
あなた

分かりました!

竈門炭治郎
竈門炭治郎
あ、いた!おーい、あなた!