無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

弐話
ん…。眩しい…。
竈門炭治郎
竈門炭治郎
あ!あなたさんが起きた!胡蝶さーん!
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
目が覚めて良かったです。あなたさん大丈夫ですか?
あなた

え…あ、はい。えーと…、助けてくれてありがとうございました。

竈門炭治郎
竈門炭治郎
急に倒れるからびっくりしたよ!蝶屋敷の近くで良かったけど…。
あなた

蝶…屋敷?

胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
はい!ここは私が管理している蝶屋敷という隊士の怪我の看護をする所なんです!私は蟲柱、胡蝶しのぶです。
あなた

柱の人…!私のために看護してくれてありがとうございます!

胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
いえいえ、これも仕事ですから。
嘴平伊之助
嘴平伊之助
ごんぱちろう!飯はまだか?
我妻善逸
我妻善逸
ちょ、ちょっと伊之助!勝手に他の病室に入っちゃダメだよ!
嘴平伊之助
嘴平伊之助
あ"?知らねーよそんなん!それより飯だ!
我妻善逸
我妻善逸
もう!アオイちゃんに頼めばいいでしょ!…って
善逸がこちらをじーっと見ている。
我妻善逸
我妻善逸
コホン。これはこれは可愛らしいお嬢さん。お怪我の方は大丈夫ですか?
あなた

え…?はい大丈夫ですけど…。

我妻善逸
我妻善逸
それは良かった。俺は我妻善逸。あなたと一緒に戦うときは命をかけてお守り致します。
嘴平伊之助
嘴平伊之助
そんなこと言ってまたにげだすんじゃないだろうな!
我妻善逸
我妻善逸
ギク!そ、そういうお前はちゃんと自己紹介しろよな!
嘴平伊之助
嘴平伊之助
あ"?自己紹介なんてしなくても俺様の名前は分かるだろう!俺は山の王、嘴平伊之助だ!
竈門炭治郎
竈門炭治郎
ちょっと!けが人がいるから静かにしてくれないか!
あなた

いえ!楽しいのでこのままでも大丈夫です!私はあなたといいます。

我妻善逸
我妻善逸
よろしくね!あなたちゃん!
嘴平伊之助
嘴平伊之助
俺様の子分がふえたぜぇ!
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
はいはい、まだ完治じゃないんですから安静にしてくださいね。はい、これお薬です。飲めそうですか?
あなた

はい!

ごくごく。
我妻善逸
我妻善逸
うえ!そんな苦いものよく飲めるね!俺なんか飲めなかったよ!
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
止血剤と鎮痛剤を配合した苦くないお薬ですからね。
我妻善逸
我妻善逸
ちょっと胡蝶さん!俺にも苦くないお薬出しといてくださいよ!
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
その薬が出来たら出しますね。あなたさん動けそうですか?
あなた

はい!なんとか!

胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
それでは機能回復訓練に入りましょう。炭治郎君達もどうですか?
竈門炭治郎
竈門炭治郎
俺はやります!
嘴平伊之助
嘴平伊之助
ごんぱちろうが行くんだったら行くぞ!
我妻善逸
我妻善逸
え、置いていかないでよう!
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
それではあとはカナヲ達に任せておきますから訓練場に行ってくださいね。
あなた

わかりました!