無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

拾漆話
竈門炭治郎
竈門炭治郎
お、お待たせしました!!遅れてすみません!
我妻善逸
我妻善逸
って柱!?なんで柱もいるのー!?
産屋敷耀哉
産屋敷耀哉
よく来てくれたね。今日は臨時の柱合会議なんだ。
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
あのう…、柱合会議になぜ私たちが…?
産屋敷耀哉
産屋敷耀哉
もちろん、あなたのことについてだよ。あなた、話してくれるね?本当のことを。
あなた

…はい。

甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
(きゃあ!可愛い子たちがいっぱい!あの子に秘密なんて…!可愛い!)
産屋敷耀哉
産屋敷耀哉
あなたは風の呼吸とヒノカミ神楽を使ったそうだね。どうやって技を出したんだい?
あなた

私には第六感がそなわっています。

胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
第六感ですか?
あなた

はい。それは気を感じ取ることです。気は常にどんなものからも出ています。技を出す時もそうです。特に呼吸を使う技には特徴があって。

時透無一郎
時透無一郎
特徴?
あなた

たとえば不死川さんが使う風の呼吸は風が吹くような流れの気なんです。その気を感じとったら次は構えをおぼえる。構えの次は呼吸の仕方、そして刃の軌道。

伊黒小芭内
伊黒小芭内
そんなものが見えるのか?技は一瞬で出される。そんなことをいちいち見ている暇なんかないと思うぞ。
あなた

気で伝わってくるんです、全部。なので1度見た技はすぐに会得することが可能になります。

悲鳴嶼行冥
悲鳴嶼行冥
御館様、あなたについては分かりましたがなぜ私たちまでここに?
産屋敷耀哉
産屋敷耀哉
行冥、いい質問だね。単刀直入に言うよ。
産屋敷耀哉
産屋敷耀哉
あなたを柱にしようと思う。今は杏寿郎と天元のふたつの席が空白になっている。そのひとつにあなたを柱として空白をうめる。みんなそれでいいね?
冨岡義勇
冨岡義勇
御意。
黒髪
黒髪
それでは柱に就く式を行います。準備が出来次第始めますのでしばしお待ちください。