無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

弐拾伍話
あなた

悲鳴嶼さんっていっけん頑固そうだけど全然優しいな。なんか…お父さんみたい!

甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
あ!あなたちゃーん!
あなた

甘露寺さん!それに伊黒さん!

伊黒小芭内
伊黒小芭内
甘露寺、急に走るな。怪我するだろ。
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
伊黒さん、ごめんなさい。
伊黒小芭内
伊黒小芭内
(かわいい…)
あなた

どうしましたか?

甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
あなたちゃん、あんみつ好きって言ってたでしょ?だから今から行かない?伊黒さんが美味しいあんみつのお店見つけてくれたの!
あなた

そうなんですか!

伊黒小芭内
伊黒小芭内
あなたのためじゃないぞ。甘露寺のためだ。
あなた

私が一緒に行ってもいいんですか?

甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
もちろん!ね、伊黒さん!
伊黒小芭内
伊黒小芭内
甘露寺が言うなら俺はそれでいい。
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
あなた

前からずっと思ってたんですけど甘露寺さんと伊黒さんって仲良しですよね!お付き合いしてるみたい!

伊黒小芭内
伊黒小芭内
な、ななな!お、俺はいずれ…
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
そうかしら!伊黒さん、私と伊黒さんが付き合ってるですって!
伊黒小芭内
伊黒小芭内
(//_//)
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
伊黒さん!?顔真っ赤ですよ!?
伊黒小芭内
伊黒小芭内
だ、大丈夫だ。あなた、そんなこと言ってお前と不死川は…。
あなた

不死川さん?どういうことですか?

甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
(まさか不死川さんが鬼になった時に言った言葉聞いてないの!?)
伊黒小芭内
伊黒小芭内
(もう告白したも同然だっただろ。あれは。こいつはどんだけ鈍感なんだ。)
あなた

不死川さんには感謝してます。私をかばってくれて!

甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
あなたちゃん、鈍感なところも可愛いのね!
あなた

あなた

どういうことですか?

伊黒小芭内
伊黒小芭内
着いたぞ。
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
あなた

いっただきまーす!

甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
いただきますー!
もぐもぐ
あなた

あまーい!なにこれ!お餅がとってもモチモチしてる!

甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
伊黒さん!美味しいわ!!
伊黒小芭内
伊黒小芭内
甘露寺にそう言ってもらえて良かった。
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
あなた

甘露寺さん!伊黒さん!今日はありがとうございました!

甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
いえいえ!こちらこそ!一緒にあんみつ食べれて嬉しかったわ!また一緒に食べましょうね!
あなた

はい!

伊黒小芭内
伊黒小芭内
甘露寺、行くぞ。
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
あ、伊黒さん!待ってー!じゃあね、あなたちゃん!
あなた

さようなら!