無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

参拾玖話
翌日
あなた

んん…。あれ、私…。

竈門炭治郎
竈門炭治郎
あ、おはよう!
あなた

炭治郎、おはよう。

あなた

私…昨日鬼と戦って…。猗窩座に会って…。
それからどうしたっけ。

竈門炭治郎
竈門炭治郎
え、えっと…!あなたは疲れ果てて寝ちゃったんだよ!!
あなた

そうだっけ…?

竈門炭治郎
竈門炭治郎
と、とりあえず今日は屋敷へ戻る日だから帰ろう!!
あなた

そうだね。

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
竈門炭治郎
竈門炭治郎
珠代さん、愈史郎さん、2日間ありがとうございました!
あなた

ありがとうございました!

珠代
珠代
いえいえ。こちらこそ鬼を斬ってくれてありがとうございました。
愈史郎
愈史郎
次はいつでも来たらいい。
竈門炭治郎
竈門炭治郎
はい!それでは!
あなた

さようなら!

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
とことこ。
竈門炭治郎
竈門炭治郎
…。
あなた

…。

竈門炭治郎
竈門炭治郎
き、昨日はたいへんだったね!!
あなた

そうだね。。

あなた

ねえ、炭治郎。

竈門炭治郎
竈門炭治郎
ん?
あなた

最近ね夢を見るの。私が鬼になった夢を。

竈門炭治郎
竈門炭治郎
鬼に…?
あなた

そう。鬼になっちゃってみんなを襲っちゃうの。心の中では襲っちゃいけいないって分かってるのに。

竈門炭治郎
竈門炭治郎
だ、大丈夫だよ!!あなたは鬼になんてならない!
あなた

炭治郎。私がもし鬼になったら首を斬ってね。みんなを襲わないうちに。みんなを悲しませないうちに。

竈門炭治郎
竈門炭治郎
…本気で言ってる?
あなた

うん。本気だよ。

竈門炭治郎
竈門炭治郎
分かった。
あなた

ありがとう、炭治郎。