無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

弐拾玖話
あなた

…というのが私の覚えている鬼姫の過去の記憶です。

竈門炭治郎
竈門炭治郎
鬼姫は斬られたときの技がヒノカミ神楽だったの?
あなた

うん。殺される以前に色々な技を見たのは覚えているんだけど実際に今私が出せる技はヒノカミ神楽しかない。

悲鳴嶼行冥
悲鳴嶼行冥
そのヒノカミ神楽を使っていたやつは継国縁壱というんだな?
あなた

はい、もう70歳ぐらいでしたが。

伊黒小芭内
伊黒小芭内
たしか継国縁壱は始まりの呼吸の剣士だったはず…。
冨岡義勇
冨岡義勇
ということは炭治郎の先祖か。
竈門炭治郎
竈門炭治郎
おおおお、俺のですか!?
あなた

たしかに似てるかも…!

胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
とても強いとお聞きしたので100年は生きたと思っていたのですがたった30年ほどしか生きていなかったのですね。
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
そうね!私もそう思っていたわ!
時透無一郎
時透無一郎
自分から死を望むなんて…。
我妻善逸
我妻善逸
それほど辛かったの?
あなた

…うん。自分が何者なのかも分からなくなった。人間だった時の自分も、鬼になった自分も。なんのために鬼になったのかも。

不死川実弥
不死川実弥
じゃあさ、鬼舞辻無惨を倒して過去を知ろうぜ。俺らと一緒なら大丈夫だ。
あなた

不死川さん…!

時透無一郎
時透無一郎
そうだね。僕らが一緒なら大丈夫。
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
私たちは最強なんだもの!
伊黒小芭内
伊黒小芭内
倒せない相手はいない。
悲鳴嶼行冥
悲鳴嶼行冥
柱という名にかけて。
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
この鬼殺隊が。
冨岡義勇
冨岡義勇
鬼を滅する!
あなた

みなさん…!ありがとうございます!

竈門炭治郎
竈門炭治郎
俺らもいるからな!
嘴平伊之助
嘴平伊之助
そうだ!俺らを忘れちゃなんねぇよ!
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
私たちが柱の支えになる。
我妻善逸
我妻善逸
だから安心して!
不死川玄弥
不死川玄弥
俺も忘れちゃなんねぇよ。
竈門炭治郎
竈門炭治郎
玄弥!!
不死川玄弥
不死川玄弥
会うのは初めてだな。おれは不死川玄弥だ。
あなた

私はあなたです!不死川って風柱の弟さんですか?

不死川実弥
不死川実弥
ま…まぁそうだな。でも俺は弟だとは思わねぇ。
不死川玄弥
不死川玄弥
悲鳴嶼行冥
悲鳴嶼行冥
おい、不死川。それはないぞ。
不死川実弥
不死川実弥
うるせぇ!思わないって言ったんだろうがァ!
あなた

…。

不死川実弥
不死川実弥
…わりぃ。ちょっと頭冷やしてくる。
時透無一郎
時透無一郎
不死川さん行っちゃったね。
あなた

わ、私不死川さんを見てくる!

胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
あ、あなたさん!!