無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

拾話
あなた

稽古でもしておこうかな。

時透無一郎
時透無一郎
あれ?不死川さんに紹介してもらってた人?
あなた

あ、はい!あなたは…?

時透無一郎
時透無一郎
僕は霞柱、時透無一郎。それで何やってるの?
あなた

明日任務なのでそのために備えておこうかと。でも私は慈悲の技しか使えないのでやっても無駄なんですけどね…。

時透無一郎
時透無一郎
1度刃ふってみて。
ビュン!
時透無一郎
時透無一郎
うん、なめらかでいい軌道だね。
あなた

ほんとですか!ありがとうございます!

時透無一郎
時透無一郎
でも何か違う。僕の見てて。
そういうと時透さんは呼吸をし始めた。
時透無一郎
時透無一郎
霞の呼吸  参ノ型   霞散の飛沫
ブォン!
あなた

すごい…。気迫が違う。

時透無一郎
時透無一郎
こうやって刃を振るう速度を速くすることによって鬼に避けられる確率は格段に下がる。やってみて。
ブォン!
あなた

こ、こんな感じですか?

時透無一郎
時透無一郎
そう!あなたは飲み込みが早いね!えらいえらい!
そういうと時透さんは頭を撫でてくれた。
あなた

╭(///´๐ □ ๐`///)╮

時透無一郎
時透無一郎
あはは、照れてるあなたも可愛いね!
あなた

ちょっと時透さん!からかわないでください⁄(⁄ ⁄>⁄□⁄<⁄ ⁄)⁄

時透無一郎
時透無一郎
明日は頑張ってね。
あなた

はい!ありがとうございました!(*^^*)

時透無一郎
時透無一郎
…あの笑顔は反則だよ。
時透無一郎
時透無一郎
時透無一郎
時透無一郎
僕も狙おうかな。