無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

漆話
竈門炭治郎
竈門炭治郎
え!?冨岡さん!?
冨岡義勇
冨岡義勇
炭治郎、久しぶりだな。
あなた

お二人はお知り合いなんですか?

竈門炭治郎
竈門炭治郎
そう!俺が鬼殺隊に入るきっかけになった人なんだ!ほんとにあの時は俺と禰豆子がお世話になったなぁ。
あなた

禰豆子…?

竈門炭治郎
竈門炭治郎
そうか!まだ紹介してなかったな!ここは日陰だし大丈夫だ。禰豆子出ておいで。
ゴトゴト
竈門禰豆子
竈門禰豆子
ムー?
あなた

え…?鬼?

竈門炭治郎
竈門炭治郎
そう、禰豆子は鬼だ。だけど人を食べたりしない。
あなた

そうなんだ。

冨岡義勇
冨岡義勇
俺もあの時は正直驚いた。鬼が人を庇うなど有り得なかったからな。
あなた

初めまして、禰豆子ちゃん!私はあなたです!

竈門禰豆子
竈門禰豆子
ムームー!
あなた

名前覚えてくれたかな?

竈門禰豆子
竈門禰豆子
ムー!
鎹鴉
鎹鴉
カアカア!あなた及び、竈門炭治郎、我妻善逸、嘴平伊之助、栗花落カナヲ、至急御館様の屋敷へ集まれぇ!カアカア!
あなた

え!?御館様の屋敷!?

竈門炭治郎
竈門炭治郎
俺も!?
冨岡義勇
冨岡義勇
早く行ってこい。炭治郎、あなたを案内しろよ。
竈門炭治郎
竈門炭治郎
はい!分かりました!