無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

弐拾陸話
あなた

おなかいっぱい!あんみつ美味しかったなぁ。

冨岡義勇
冨岡義勇
炭治郎、おはぎ作らないか。
竈門炭治郎
竈門炭治郎
おはぎですか?冨岡さんが俺で良かったら!
竈門炭治郎
竈門炭治郎
あ!あなた!!あなたもどう?
あなた

え?何を?

冨岡義勇
冨岡義勇
おはぎだ。不死川が好きなんでな。時々作っているんだが。
あなた

良いんですか?

竈門炭治郎
竈門炭治郎
もちろん!
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
あなた

不死川さんっておはぎ好きなんですね。意外です!

冨岡義勇
冨岡義勇
俺も最初は意外だった。
竈門炭治郎
竈門炭治郎
ていうか冨岡さん、どうして不死川さんにおはぎを作ろうと思ったんですか?
冨岡義勇
冨岡義勇
相手の好物を渡せば好意が湧くと思ってな。
冨岡義勇
冨岡義勇
そういえば。さっき悲鳴嶼から聞いたが記憶があるのか?
あなた

鬼姫の…ですか?

竈門炭治郎
竈門炭治郎
そうなの?あなたが良かったら聞かせて!
あなた

竈門炭治郎
竈門炭治郎
い、いや!別に嫌だったらいいけど…。
あなた

あ、全然!でも話してみんなに嫌われたりしないかなと考えちゃって。

冨岡義勇
冨岡義勇
大丈夫だ。
あなた

じゃあ長話になるので今はおはぎを作りましょう!おはぎを作ったあとでお話します。

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
あなた

できた!!

冨岡義勇
冨岡義勇
ひとつぐらいなら食べてもいいぞ。
竈門炭治郎
竈門炭治郎
いいんですか!いただきます!
あなた

私も!

モグモグ…
あなた

甘くて美味しい!!!

竈門炭治郎
竈門炭治郎
お餅がとても柔らかくて美味しいです!
冨岡義勇
冨岡義勇
よし。コレなら不死川も喜ぶだろう。炭治郎とあなたも行くか?
あなた

はい、ぜひ!!

竈門炭治郎
竈門炭治郎
はい!
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
冨岡義勇
冨岡義勇
不死川。
不死川実弥
不死川実弥
なんだァ、冨岡。
冨岡義勇
冨岡義勇
今おはぎを作っていたんだが食べるか。
不死川実弥
不死川実弥
おはぎ…!い、いやいい。お前が作ったものはいらねぇ。
冨岡義勇
冨岡義勇
そうか…。あなたも一緒に作ったのにな。
あなた

はい!一緒に作りました!!

竈門炭治郎
竈門炭治郎
俺もです!
不死川実弥
不死川実弥
あなたが作ったのか?
冨岡義勇
冨岡義勇
どうする。食べるか。
不死川実弥
不死川実弥
き、今日は食べてやる!
不死川実弥
不死川実弥
…美味い。
あなた

良かった…!

冨岡義勇
冨岡義勇
そうだ、不死川。この後あなたの前世の鬼姫のことについての記憶の話を聞くんだがお前もどうだ。
不死川実弥
不死川実弥
記憶か?
不死川実弥
不死川実弥
…あなたがいいなら行く。
冨岡義勇
冨岡義勇
いいか、あなた。
あなた

はい、どうぞ。

あなた

逆にみんなに少しずつ私の事知って欲しいので来てください!

不死川実弥
不死川実弥
なら行く。
あなた

じゃあ場所を変えましょうか。多分あの人たちも気になってると思うから。

竈門炭治郎
竈門炭治郎
あの人たち…?