無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

参拾参話
愈史郎
愈史郎
炭治郎、久しぶりだな。
竈門炭治郎
竈門炭治郎
お久しぶりです!愈史郎さんと珠代さんはお元気ですか?
愈史郎
愈史郎
俺も珠代様も元気だ。
愈史郎
愈史郎
ん…?お前は?
あなた

は、初めまして!鬼殺隊、全柱のあなたと申します…!

愈史郎
愈史郎
…あぁ、炭治郎が言っていた紹介したいやつはこいつのことか。
竈門炭治郎
竈門炭治郎
そうです!!
愈史郎
愈史郎
ここじゃ話が出来ないから屋敷へ行こう。
竈門炭治郎
竈門炭治郎
え、前に屋敷は壊れちゃったはずじゃ…?
愈史郎
愈史郎
お前珠代様をなめるなよ!!!珠代様はたった1日で屋敷を見つけたんだ!なんというご立派な方…!
あなた

??

愈史郎
愈史郎
と、とにかく行くぞ!
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
愈史郎
愈史郎
珠代様、ただいま帰りました。
珠代
珠代
おかえりなさい、愈史郎。炭治郎さん、お久しぶりです。…その方は紹介したいと言っていた…?
竈門炭治郎
竈門炭治郎
お久しぶりです、珠代さん!この人が紹介したいと言っていた人です!
あなた

初めまして!鬼殺隊、全柱のあなたです!

珠代
珠代
あなたさん、初めまして。私は珠代と申します。
愈史郎
愈史郎
俺は愈史郎だ。
竈門禰豆子
竈門禰豆子
ムーー!!!
珠代
珠代
あら、禰豆子さん。元気にしてましたか?
竈門禰豆子
竈門禰豆子
ムームー!
愈史郎
愈史郎
ばっ、お前!珠代様に気安く抱きつくな!
竈門炭治郎
竈門炭治郎
ねっ禰豆子!!今すぐ離れろ!
珠代
珠代
愈史郎、炭治郎さん。いいんですのよ。
竈門禰豆子
竈門禰豆子
ムー!
珠代
珠代
ところで炭治郎さん、あなたさんを紹介したい理由はなんですの?
竈門炭治郎
竈門炭治郎
あなた、先に言っておく。珠代さんと愈史郎さんは鬼だ。
あなた

うん…。気の流れで分かってた。

竈門炭治郎
竈門炭治郎
でも俺たちの味方だ。あの鬼舞辻無惨を倒すために協力してくれている。
竈門炭治郎
竈門炭治郎
珠代さん、愈史郎さん。単刀直入に言います。あなたは鬼です。
珠代
珠代
え…?
あなた

鬼といっても今は違います。なんていうか…、私の前世が鬼だったんです。それもその鬼が鬼姫です。

愈史郎
愈史郎
鬼姫?
珠代
珠代
鬼姫…!あの鬼舞辻無惨と同等の力を持ったという鬼ですか…?
あなた

はい…。

あなた

炭治郎…、この話のためにここへ連れてきてくれたの?

竈門炭治郎
竈門炭治郎
うん…。嫌だったらごめん。
あなた

ううん、ありがとう。珠代さんみたいな人がいるなんて思ってなかったから。

珠代
珠代
あなたさん、鬼姫の話をもう少し詳しく聞きたいのですがいいですか?
あなた

はい。

かくかくしかじか…………
珠代
珠代
そういう事ですか。あなたさん、突然で申し訳ないのですか血を少し分けて貰えますか?
あなた

え?

珠代
珠代
実験に使いたいのです。私たちは今鬼を人間に戻す薬を作っています。それも鬼舞辻無惨の血が濃い鬼の血液が今必要なんです。
あなた

分かりました。でも今は人間の血液だと思います。前世が鬼姫でも体と心は人間なので。

珠代
珠代
そうですか。でも念の為にいいですか?
あなた

はい。