無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

参拾捌話
竈門炭治郎
竈門炭治郎
珠代さん!!!!!
珠代
珠代
炭治郎さん、どうしたのですか?そんなにあわてて…。あなたさん!?大丈夫ですか!?
愈史郎
愈史郎
あなた!!!大丈夫か!?
あなた

はあっはあっ…

珠代
珠代
!!!!
珠代
珠代
この赤い目…。愈史郎、採血の用意を。
愈史郎
愈史郎
分かりました。
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
珠代
珠代
やっぱり…。
竈門炭治郎
竈門炭治郎
どうでしたか?あなたは大丈夫なんですか?
珠代
珠代
あなたさんには今ちょっとした鬼化が進んでいます。血液も鬼のものになっています。
愈史郎
愈史郎
恐らくだが上弦の鬼と遭遇して混乱したんだろう。
珠代
珠代
あなたさんはもうすぐ発作が治まるとは思いますが…。
竈門炭治郎
竈門炭治郎
良かった…。
竈門禰豆子
竈門禰豆子
むー…。
珠代
珠代
しかしこれから先また鬼化がより進んでいくかもしれません。今までは能力だけが表に出ていましたが姿、最悪の場合心までもが鬼となってしまうかもしれません。
竈門炭治郎
竈門炭治郎
そんな…!
愈史郎
愈史郎
そうなってしまったらあなたはまたあの冷酷な鬼に戻ってしまう。
竈門炭治郎
竈門炭治郎
鬼化を止める方法はないんですか!?きっと珠代さんなら…!ありますよね!?
珠代
珠代
…ごめんなさい、炭治郎さん。今の私にはどうすることも出来ません。
愈史郎
愈史郎
炭治郎、このことはあなたには伝えるな。余計なことを言うとまた混乱する。
竈門炭治郎
竈門炭治郎
…分かりました…。
珠代
珠代
今日はもうゆっくり休んでください。明日浅草を出発されるのでしょう?
竈門炭治郎
竈門炭治郎
ありがとうございます…。