無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

万端短編集”
前のチャプターへ戻る

第11話

アイドル = JN = ①




あなた side only









TV「ただいま、速報が入りました。」









TV「防弾少年団のジンさんの 熱愛報道 です」









TV「昨夜、若い女性とレストランかr…」





ピッ










そこで私は、リモコンのボタンを押した









今日の朝のニュースでの報道










どうやら、私は









防弾少年団のジン___________









いや、









“ 彼氏 ” のジン오빠に





























捨てられてしまったみたいです


















シーンと静まり返る部屋









ねぇ、오빠









私達は、いつから









こんなに










“距離” ができちゃったのかな

















私は、デビュー前から오빠を支えてきた










練習が辛い時、私は









いつだって오빠のそばに居た









ツアー中も寂しいけど









いつだって、我慢してきた













なのに、









先週くらいからかな…









오빠のコートから、









甘い “ 香水 ” の匂いがしはじめたのは











なんで分かったか?









そんなの簡単だよ









だってあの香水…






























私がお姉ちゃんにあげた香水と















全く同じ匂いなんだもん











NEXT = ②


「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡