無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

万端短編集”
前のチャプターへ戻る

第39話

私の彼氏 = YG


🇰🇷ミンユンギ👴🇰🇷さんからのリクエストです



┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈






あなた side only












今 日 は 休 日 の 日 曜 日







あなた「 ね ぇ 、 暑 い ん だ け ど 」









彼 氏 の ゆ ん ぎ に 、






後 ろ か ら 抱 き つ か れ て ま す









… バ ッ ク ハ グ と 言 う や つ で し ょ う か ( ˙-˙ )










あなた「 離 し て よ … 」






YG「 や だ 」











そ ろ そ ろ 、


ご 飯 作 ら な い と い け な い ん だ け ど










…… と い う か 心 臓 も た な い し !













あなた「 ゆ ん ぎ 、 な ん か あ っ た ? 」













YG「 ヌ ナ の せ い な ん だ け ど … 」











え 、 私 !?
















ス ッ )










あなた「 ッ …… 」












ゆ ん ぎ が 、 私 の 肩 に 頭 を 埋 め た









YG「 ね ぇ 、ヌ ナ 」








ゆ ん ぎ の 息 が 首 筋 に か か っ て









自 然 と 、 顔 が 熱 く な る








あなた「 な 、 な に ? 」










YG「 ヌ ナ の 1 番 は 俺 だ よ ね ? 」








少 し 、 震 え る ゆ ん ぎ の 声










あなた「 え ? あ た り ま え じ ゃ ん ! 」








ギ ュ









さ っ き よ り も 、






ゆ ん ぎ の 力 が 強 く な っ た
















YG「 ほ ん と に … ? 」







あなた「 う ん 、 ほ ん と だ よ ! 」









そ う 言 っ て 、 振 り 返 る と












涙 目 の ゆ ん ぎ が 立 っ て い た










あなた「 ゆ ん ぎ … ? 」









目 が う る う る し て い て













い つ も の ゆ ん ぎ か ら は 、



全 く 想 像 出 来 な い く ら い 、




















可 愛 い か っ た













YG「 俺 、 こ ん な 性 格 だ か ら












も う 冷 め ら れ ち ゃ っ た の か と 思 っ て 、












不 安 だ っ た … 」












耳 ま で 真 っ 赤 に 染 ま る 、 ゆ ん ぎ の 顔













YG「 ヌ ナ 、 こ れ か ら は さ 、




た く さ ん 手 繋 ご う ね 、」










あなた「 う ん / 」












YG「 ハ グ も ポ ッ ポ も し よ う ね ? 」











私 の 手 を 握 っ て









嬉 し そ う に 笑 顔 を 向 け る ゆ ん ぎ










あなた「 う ん // 」

















YG「 俺 、 ヌ ナ の 事 、




ず っ と ず っ と 大 好 き だ か ら /// 」















あなた「 私 も だ よ ッ 」















そ う 言 っ て 、 私 は







ゆ ん ぎ に 抱 き つ い た
















こ の 幸 せ な 時 間 が 、


















ず っ と 続 き ま す よ う に ______













┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

作 者




遅 く な っ て ご め ん な さ い 🙇





勝 手 に ヌ ナ 設 定 に し た 作 者 を 、








ど う か 許 し て く だ さ い 🙇 ←
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡