無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

反日なの?= JM = ②






あなた「오빠は、、反日なんかじゃないよね?」













JM「……あなた、落ち着いて聞いてね」











あなた「うん、」











JM「僕は、まず反日じゃない。それはヒョン達も」













あなた「良かった…」












JM「僕達は、army達のおかげで今ここにいる」










JM「それは、日本のarmyも同じ」













JM「だから、日本の皆さんにはすごく感謝してる」











JM「僕達はイルアミも、日本も大好きだよ」











JM「もちろん、あなたの事も」











あなた「오빠…」












JM「だから、あなた」










JM「お願いだから、






















僕から離れていかないで…(泣」















ジミン오빠の頬には













涙が流れていた















だから、私は











오빠の手を握ってこう言った













あなた「絶対、離れないよ」




あなた「ずっとずっと、大好きだからねッ」










JM「ありがとう…ありがとう……(泣」











そのあとは、二人とも涙でボロボロで










真っ赤に腫れた目を見て笑いあった






















そうだ、













愛に、音楽に、国境なんてない











自分が愛した人が










“たまたま” 韓国の人で











“たまたま” その国どうしで











悲しい出来事があっただけ

















たとえ、反日だったとしても










それは、国が違う以上しょうがない











だから、









それでも大好きな人を愛し続けることが











大好きなグループを応援し続けることが















今の私に出来ることなんだ























오빠、















愛してるよ




























この先もずっと____________
















※これはフィクションです



実際に、

本人からこの発言があった訳ではありません。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

m o m o "
m o m o "
まじ意味わからん
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る