無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

万端短編集”




あなた side only









ねぇ、ジミン












なんで言うこと聞いてくれないの?












他の子と話しちゃダメって












言ったよね?



















それなのに…












今、あなたの隣にいる女は誰?












ジミンが出掛けるっていうから












後をつけて来てみたら












仲良くショッピングなんかしちゃってさㅋㅋ















私、聞いたよね?












“ 誰と行くの? ” って












そしたら、あなたはなんて言ったか覚えてる?












“ ……ジョングクとだよ ”


















私を騙したんだね












私はこんなにも貴方を愛しているのに












貴方は私から逃げてばかり…




























はぁ、しょうがないな












あれだけ言っても分からないなら












こうするしかないよね…






















JM「ただいまー」









よし、今だ









JM「あなた…?























ヴッ 」












次の瞬間、












私は












ジミンの心臓に













ナイフを突き刺した















あなた「ごめんね、ジミン」












prrrrrrrrr prrrrrrrrr












ジミンのスマホ……









あぁ、あの女か














電話に出てみる









はぁ、、、












この人も、らなくちゃな…











女「もしもし~? ジミン?」









あなた「…………」






















女「彼女さんに、



















ちゃんとプレゼント渡したー?」











……え?












女「ちゃんと、手伝ってあげたんだから」









女「今度、なにか奢ってよッ」
















ツー ツー









私は、何も考えずに電話を切った



















あぁ、今日は









付き合って2年目の記念日だったね















ジミンは、私の事を思ってくれてたんだ



















なのに、私は…












勝手に勘違いして












後戻りできないところまで来てしまった




























ごめん、、ジミン、、、、






























愛してるよ



















TV「続いてのニュースです」













TV「昨夜、アパートの一室から」









TV「男女2人の死体が見つかりました」









TV「男性は、ナイフのようなもので刺され、」









TV「女性は自殺したと考えられています」














END





「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡