無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第28話

悪役 = TH & JM = ③




ジミンside







「ッ…ぅ…うわぁぁぁ(泣」











誰かの泣き声が聞こえた














JM「大丈夫…ですか?って…」











JM「あなたじゃん…」










あなた「じみぃぃぃん(泣」










ギュッ









あなたが、俺に抱きついてきた










あなた「私ッ、またやっちゃった…(泣」












あなた「また、酷いことしちゃった…(泣」















JM「はぁ…、これで何回目だよ、」










あなた「ごめんなさい…(泣」









JM「だから、謝るのは俺じゃないだろ?」









あなた「でも、、」










あなた「私は、テヒョン君のことが好きなの、、」









あなた「ただ、隣に居たかっただけなのにッ(泣」










あなたの言葉が










1つ1つ、胸に突き刺さる












JM「あー、もうッ」













JM「テヒョンだか、誰だか知らねぇけど」












JM「とにかく今は、思う存分泣いていい」












あなた「ッ…いいの?」











JM「今だけな」














あなた「ッ……ッ…ありがとう(泣」












JM「よしよし…」



















はぁ、、またこれか…












俺の幼馴染のあなた










普通に可愛いし、勉強出来てスポーツもできる











ただ、










好きな人のことになったら










誰も止められなくなる










何としてでも、自分のものにしようとして













結局、振られる











小さい頃からずっとその繰り返し














いちいち慰めてる俺の気持ちもわかって欲しい
























俺なら、絶対に泣かせないのに…












あなた「…もう、大丈夫」










JM「…おう」












JM「なぁ、なんでいつもそんなことすんの?」











思い切って、聞いてみる










あなた「んー、、



























好きだから…かな」












JM「それだけ?」









あなた「うん、、」










あなた「ダメだって分かってるけど、」











あなた「テヒョン君が目の前に居たらさ、」










あなた「なにも、考えきれなくなるの…」










あなた「馬鹿だよね…私、、」
















JM「………」











あなた「ちょ、聞いといてその反応?ㅋㅋ」










俺は、











あなたが本当は優しいって事だって知ってる










だって、













生まれた時からずっとあなたの隣にいたから











なのに、なんでいつもあなたは












俺の事を見てくれないの?














俺だけが、本当のあなたを知ってる










あなたを幸せにできるのは、俺だけなのに…
































JM「なぁ、あなた」










あなた「ん?」




































JM「俺じゃ、だめか?」





シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

m o m o "
m o m o "
まじ意味わからん
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る