無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

那田蜘蛛山と再開
それから、また5日ほど経った。
また、新しい任務だ。
私『那田蜘蛛山?』
紅ちゃん「ソウダァ!!ツギノニンムハ那田蜘蛛山ノ鬼ヲタオスコトダァ!!!」
私『那田蜘蛛山...私、蜘蛛虫の中で1番嫌いなんだけど...まさか、蜘蛛の形した鬼とか出てこないよね?』
血染「.........那田蜘蛛山な。 確か風の噂で聞いたがそこには十二鬼月がいるそうだ...」
私『師範…大丈夫ですって!!私は......帰って来ますよ?』ニコッ
血染「あぁ。わかってるさ...あなたは強いだから必ず帰ってくるよな??」
私『はい...強くは無いですけど必ず帰ってきます』ニコッ
紅ちゃん「カァァカァァ!!!急ゲェェ!!」
私『うん。わかった、今いくよ.........では、師範。行ってきます』
血染「行ってらっしゃい。」
『十二鬼月』それは、鬼の中でも更に強い鬼。
正直、帰ってこられるか心配でもある。
私『そんな、マイナスに考えない!!私は帰ってこれるよ!!!』
紅ちゃん「ガンバレェ!!」
私『うん!ありがとう紅ちゃん!』
そして、那田蜘蛛山に着いたとき誰かの声が聞こえた。
私『??誰だろ』
私は、声の聞こえる方に走っていくと見覚えのある人が二人いた。残りの1人は、猪の頭を被っている。
私『!!!炭治郎!!!』
炭治郎「?!あなたっ!」
私『会えて良かった~!!また会えた!!』ニコッ
炭治郎「そうだな!俺もあなたに会えて嬉しいぞ!』ニコッ
???「炭治郎...お前、最終選別にいたこの子とも仲良くなってんのかよ!!!このやろぉぉぉ!」
私『あ、炭治郎。この子名前何て言うの?』
炭治郎「善逸って言うんだ!!」
私『へぇ~、最終選別の時いたこだよね?よろしく!善逸くん!』ニカッ
善逸「可愛いいいい!!あなたちゃん!!結婚してぇぇ!!」
私『ごめんなさい』ニコッ
???「お前!!」
私『えっ?!   あ、はい!』
???「名前何て言う?!」
私『あなたです!』
???「俺は嘴平 伊之助だ!!」
私『そうなんだ!!よろしくね!』
私達三人←善逸は行きたくないそう) は那田蜘蛛山に入って、その後はなんか凄い色々ゴタゴタしてた。

私『炭治郎!伊之助!そっちはお願い!!』
炭治郎「あぁ!気を付けてな!」
私『あんがと!』
伊之助が言った方向に向かって私は走った。
やっぱり、近付くにつれて匂いは強くなる。私が鬼の目の前に来たとき。その鬼は私を攻撃しようとしなかった。
私『.........血の呼吸 漆ノ型 苦の無き眠り...』 
私は、初めてこの型を使った。血とは何も関係の無い呼吸。呼吸の名前を教えて貰ったとき、どんな型なのかはすぐにわかった。でも、どうして血の呼吸の面影すらも無いのだろう...と気になっていた。
鬼は、苦しそうではなかった。
ただ、私に一言。
鬼「十二鬼月がいるわ...気を付けて。」
私『...?!  十二鬼月。  ありがとう、教えてくれて。』ニコッ
鬼「あ...ありが...」
鬼は、私に何か言おうと口を開いたが途中で消えてしまった。
私『......ありがとう、ごめんなさい。』
私は消えてしまった鬼に深々と頭を下げて炭治郎達の元に戻った。
私『炭治郎っ!!伊之助っ!!』
炭治郎「?!  あなた早いな!大丈夫だったか?!」
私『うん!見ての通り無傷だよ!』
伊之助「おい!!俺様に感謝しろよ!」
私『あっ、伊之助!伊之助のおかげで鬼の場所がわかったよ!ありがとうっ!!』ニコッ
伊之助「(ホワホワ)」
私『??』
炭治郎「あなた!!伊之助!危ないぞ!」
私『えっ?』
私が上を見るとそこには、鬼が浮いていた。
浮いていた。と言うよりかは糸の上に乗っていた。
私『.........!!炭治郎!あれ、十二鬼月だよ!』
炭治郎「?!本当か?!」
私『うん。間違いない、匂いが違う。   恐らく、下弦の鬼...』
炭治郎「あれが…十二鬼月......』
私『炭治郎、行こう。必ず…倒そう。』
炭治郎「あぁ!頑張ろう。俺と、あなたと、伊之助も!きっと、善逸は頑張っている。」
私『そういえば、善逸くん!』
炭治郎「置いてきちゃったな...」
私『大丈夫!善逸くん、強いし。匂いが、どこか違うんだ...』
炭治郎「やっぱりそうだよな!善逸は他の人とは匂いが違うよな!」
私『そうだね!   よし、私達の目標は......あの十二鬼月。』
炭治郎「............あぁ。」
私と炭治郎は、ゆっくりと夜の空を見上げる。
戦いはまだまだこれからだ。
いざとなったらあの技を使う。

師範に教わった...

『獣血治』という技を。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🍨甘夏🍧
🍨甘夏🍧
どうも~、甘夏です。 最近、猛暑だね~暑いね水分補給はこまめにしないとね~👍 鬼滅の刃にどはまり中の小6です。 よろしくね😁✌️ 語彙力が足りないから、温かい目で見てくれると嬉しいですっ(σ≧▽≦)σ 基本、ノロノロ更新だけど楽しんで見てくれる様に頑張ります! これからも、よろしくね✨
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る