無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

名前を覚えよう。
私『う~ん...多分、覚えました!』
私『えっと、胡蝶 しのぶさん!』
しのぶ「はい。」ニコッ
私『...甘露寺 密璃さん!』
密璃「はいっ!私よ!密璃で良いからね!」
私『煉獄 杏寿朗さん!』
煉獄「俺だ!!」
私『伊黒 小芭内さん』
伊黒「はぁ...俺だ。」
私『はぁ...って何ですかっっ!!        宇随 天元さん!』
宇随「俺だ!!もっと、派手に呼べ!」
私『名前に派手もクソも無いと思いまーす。               時透 無一郎くん!       あっ...無一郎さん!』
時透「何で、俺だけ君なの...」
私『ごめんなさいぃ...!  悲鳴嶼 行冥さん!』
悲鳴嶼「南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏...」
私『.........はーい。全員覚えました!って1人いない?』
冨岡「......俺だ。」
私『あ、 義勇さん。すいません、』
冨岡「............」
宇随「.........くっw」
密璃「......(駄目よ!笑っちゃ!駄目駄目!)」
私『......炭治郎。』
炭治郎「どうした?」
私『多分だけど、禰豆子ちゃんさ。もう1人の柱が、持ってるんじゃないかな?   あの、私が初任務の時に会った不死川さんっていう柱がいるの。』
炭治郎「...禰豆子......何も、なければ良いんだけどな...」
私『心配だね…』
炭治郎「あぁ。」
私『......炭治郎。』
炭治郎「どうした?」
私『暇だね。』
炭治郎「.........そう、だな」
あなたちゃんは、退屈嫌い!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🍨甘夏🍧
🍨甘夏🍧
どうも~、甘夏です。 最近、猛暑だね~暑いね水分補給はこまめにしないとね~👍 鬼滅の刃にどはまり中の小6です。 よろしくね😁✌️ 語彙力が足りないから、温かい目で見てくれると嬉しいですっ(σ≧▽≦)σ 基本、ノロノロ更新だけど楽しんで見てくれる様に頑張ります! これからも、よろしくね✨
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る