無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

キーワード”よ”
2story




















『恋とか、あんまり分からないの』
『ごめんなさい。』



『ごめん、そーゆーの分からない』
『友達としてこれからもよろしくね』





『気持ちだけ受け取っとくね。』





















何回言っただろう。

















3月4日。





貴方は何故あのとき私のことを
追いかけたんだろう。




















なんで最後の最後まで
彼女の私を守ってくれたの?


















なんで私の変わりに死んじゃったの?
















私がいなければグクは生きてた

















私が逃げなければ
















私がはやとちりしなければ
















私がグクと付き合わなければ

















貴方が他の子の隣にいたとしても

















生きているかもしれなかった。


















私のことなんか捨てて

















生きてて欲しかった。
















あいたいよ












グク。








.
.
.
.