プリ小説

第25話

25💕


私は朝少し早く家に帰って準備をした。
お母さんたちには友達の家に泊まると言っていたから、特に何も言われなかった。
お姉ちゃん
お姉ちゃん
おかえり
あなた

ただいま〜

お姉ちゃん
お姉ちゃん
あ。
あなた

ん?

お姉ちゃん
お姉ちゃん
キスマーク発見
あなた

‼︎
お、お母さんたちには言わないで!

お姉ちゃん
お姉ちゃん
はいはい、隼くん?
あなた

…うん、付き合うことになった

お姉ちゃん
お姉ちゃん
楓華ちゃんは?
あなた

隼がフって、私に告ってきた

お姉ちゃん
お姉ちゃん
まじか!おめでと〜
あなた

ありがと
じゃあ、行ってきま〜す

お姉ちゃん
お姉ちゃん
行ってらっしゃ〜い



お姉ちゃんはやっぱり優しい。




ま、自分も彼氏いるしね




そこまではあっさりいってるでしょう




だって大学生だし






ガチャ
隼
隼
あなたおそ〜い
あなた

おわ、隼!

隼
隼
行こ!
あなた

う、うん!



すると、はい、と手を出してきた
あなた

へ?

隼
隼
繋がないの?
あなた

…//////////



私は手を重ねる




指を絡めてきた。




あなた

なんか今日の隼、甘くない?

隼
隼
あなたが彼女になって嬉しいからね〜
あなた

//////

隼
隼
お、真っ赤
あなた

うるさーい!



今日は隼が甘々でした

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆ に .  ໒꒱· ゚
ゆ に . ໒꒱· ゚
緑 恋 ☀️ の 前 世 。 笑 ゆ に . ໒꒱· ゚ と 申 し ま す ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ 「りこのりこぴん」 ( 緑 恋 の 専 用 タ グ ) 緑 恋 も フ ォ ロ ー し て や っ て く だ さ い 🤗
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る