プリ小説

第37話

37💕



どーも、あなたです!


今は隼と文化祭を回っています☆




隼
隼
あなた、どこ行きたい?
あなた

んー、クレープ食べたい!

隼
隼
じゃ、そこ行こっか

ギュッ



あなた

わっ


いきなり手を繋がれた




急でびっくりしたけど、嬉しかった




あなた

あれ、隼顔赤くない?

隼
隼
うっせぇ



自分から繋いできたくせに恥ずかしがってるみたい


可愛いなぁ〜




あなた

ふふっ

隼
隼
何笑ってんの?
あなた

いや、隼が照れてる…ふふっ

隼
隼
…………


グイッ

頬を掴まれた



あなた

にゃ、にゃにふるお…?
(な、なにするの…?)



すると隼が自分の唇と私の唇を重ねてきた




あなた

んんっ!

隼
隼
お仕置き
あなた

//////////



何それ、反則でしょ……/////






あぁ、もう………



















好き。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆ に .  ໒꒱· ゚
ゆ に . ໒꒱· ゚
緑 恋 ☀️ の 前 世 。 笑 ゆ に . ໒꒱· ゚ と 申 し ま す ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ 「りこのりこぴん」 ( 緑 恋 の 専 用 タ グ ) 緑 恋 も フ ォ ロ ー し て や っ て く だ さ い 🤗
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る