プリ小説

第7話

好きなんだよ…。
あなた

はぁ…。

はやしん
さっきは大丈夫やった?
あなた

…まぁ…大丈夫…かな…

かめむし
あなたサイバのこと好きなん?(小声)
あなた

…(。_。`)コク

かめむし
そかそか…それは辛いな
はやしん
告白するってゆーのもありやと思うで
かめむし
振られる覚悟で
あなた

…告白…か…。

あなた

サイバ

サイバ
ん?
あなた

ちょっと…話したいねんけど…

サイバ
ええで!
あなた

あの場所…。

サイバ
今からいく?また授業サボっちゃう?w
あなた

いきたい。

サイバ
よーし!はやしん!俺らサボり言うといて!
あのばばあゆるいから大丈夫やろ!
サイバ
ほないこか?!
そういってニカッと笑った。


サイバ…。

やめてください…笑



諦める…。

振られて…。

諦める…。

それでいいねん、


あの場所は

裏庭の草原を奥に行ったところにある橋の下。 門から出ないで校外に行けるから

中学の時にあの場所見つけて

ずっと

あの場所で

サボったり

遊んだり

喧嘩したりしてた。


サイバ
おぉー!何日ぶりやろ
あなた

んー…5日くらい?ww

サイバ
そんなに?!
あなた

まぁ…多分?

サイバ
そかそかw
サイバ
で…話って?

距離置くはなしな?
あなた

話は…距離置くとかやないで。

サイバ
??
あなた

あんな………。



すきって





言いたいのに…。




喉の奥でつっかえてる。






早く言って


早く諦めなあかんのに




ポタっ



サイバ
あなた?!


すきって言葉は出やんのに



なんで涙はでるん?







サイバ
どうしたん?いじめられてるん?



サイバは近くに寄ってきて




ポンポン…




頭をポンポンして

そのまま手を頭の上に乗っけて


顔を覗きこんできた。


あなた

分かって…るねん……

サイバ
え?
あなた

振られるって…分かってるねん…泣

サイバ
まってどういう…
あなた

好きなんよ…!泣…

あなた

サイバのことが…泣
小4のころからずっと…
ずっと…
ずっと…好きやってん…泣
返事は分かってるねんよ?泣
なぁ…お願いやから…これ以上優しくしやんで…?泣 諦めたいのに…諦められへんくなるやん…泣

サイバ
あなた…。ごめんな…。
あなた

わかっとる言うてるやろ…泣

サイバ
俺よりいい人探しーや。
あなた

…サイバよりいい人なんておらんわ…泣

サイバ
あなた…。
あなた

でもな…幼馴染やから…たまには遊んでほしいねん…たまには一緒に帰ってほしいねん…登校して欲しいねん…泣

あなた

寂しいねん…泣サイバおらんくて1人は寂しいねんよ…

あなた

サイバ…。好きな人が…幸せって…いいことやから…泣…わがままかもしらんけど…たまには…一緒に………っ…グスッ

サイバ
あなた…。ごめんな…ごめんな…。
あなた

グスッ…

サイバ
明日…。一緒に学校来るか。
あなた

グスッ……

サイバ
あなたに寂しい思いさせてたんは気づかんかった。ごめん。
あなた

…っ…泣

サイバ
最近みなのことばっかやったもんな…。
そりゃあ辛いわなごめんな…


自分から言ったんに…


なんでサイバが謝っとんねん…




自分がわがままなだけやのに



サイバ…ごめんね…。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🌈のーあ🌈
🌈のーあ🌈
中2 ウェイターズ レイターズ かめむし サイバ
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る