無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

9話
りな
りな
オンニ?!
呼ばれてるよ!
あなた
あなた
ん、、あ!ごめん!
ボーっとしてた笑
ジョンファン
ジョンファン
あなたヌナ大丈夫?!
あなた
あなた
うん
ジョンファン
ジョンファン
よかった
ジョンファン
ジョンファン
あ、そうそう
ヌナ達の部屋はこっち!
あなた
あなた
おー!
りな
りな
部屋まで!
ジョンファン
ジョンファン
ここが、あなたヌナのお部屋で、ここがりなヌナのね!
マネージャー二人
マネージャー二人
ありがとう〜!
ジョンファン
ジョンファン
( ⸝⸝•௰•⸝⸝ )
え、かわよ
ジョンファン
ジョンファン
また、荷物整理したらリビング来てね〜
あなた
あなた
わかった!
りな
りな
ありがとう😊
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなたちゃん、部屋で。。



よーし!荷物整理しないと














しかし、部屋以外と広いな





、、とそんなこんなで部屋を整理していると







ハルトくんが部屋の前を通った




























しかし、顔色がすごく悪かった














声掛けるか
あなた
あなた
ハルトくん大丈夫?
顔色悪いよ??
ハルト
ハルト
🇯🇵あ、、ヌナ、
あなた
あなた
🇯🇵って、え?、
大丈夫?泣いてるよ
ハルト
ハルト
🇯🇵い、いや!、これはさっき顔洗って、、
あなた
あなた
🇯🇵あ、そうなの?なら良いけど、。
ハルト
ハルト
🇯🇵う、うん!
あなた
あなた
🇯🇵まあ、なんかあったら言ってね
ハルト
ハルト
🇯🇵わかった
あなた
あなた
じゃあ、また後で
ハルト
ハルト
またね
まあ、そんなこんなでハルトくんとのトークは終わった。













大丈夫かな?






同じ日本人だしマネージャーなわけだし頼って欲しいな

















まあ、思春期だし色々あるよね笑










よし、荷物整理も終わったわけだしリビング行くか
あなた
あなた
あっ、丁度りなちゃんも!
りな
りな
あ!あなたヌナ!一緒に行きましょ!












ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
リビングにて
ジョンファン
ジョンファン
あ、ヌナ達だー!
マネージャー二人
マネージャー二人
リビングお邪魔しまーす!
ジフン
ジフン
どうぞー
ヒョンソク
ヒョンソク
あ、あなたちゃん、りなちゃん、出来たらさ、お昼作ってくれない??
あなた
あなた
あ、もちろんです
ヒョンソク
ヒョンソク
悪いね〜
りな
りな
いえいえ、全然















































、、と言ったが、12人前か。。






























多っ!!