無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

4話
、、、とそんなこんなで、喋っていたら、もう社長室の前にたどり着いた
さっきまで、開いて喋っていた2人の口が急に閉じた
そして、代わりと言っては無いが、ゴクリと二人が息を飲み込む音が聞こえた
あなた
あなた
い、行こっか、、、:(´◦ω◦`):
りな
りな
は、はい:;(∩´﹏`∩);:
そして、私は茶色く分厚いドアをノックした



コンコン
あなた
あなた
社長さんに会いに来ました、
新人マネージャーの、七瀬あなたと
りな
りな
た、高嶋りなです。
【⠀↑↑↑ちなみに、ちゃんと韓国語で喋ってます。】
ヤンサ
ヤンサ
おー、よく来てくれた。

入りたまえ
マネージャー二人
マネージャー二人
し、失礼します!

私達は、重いドアを開けた
マネージャー二人
マネージャー二人
こんにちは
ヤンサ
ヤンサ
こんにちは、
よく、こんなに、遠い所まで、来てくれた。
ヤンサ
ヤンサ
私は、ヤンサ、
yg entertainmentの社長だ。
よろしく
あなた
あなた
存じております
私は、七瀬あなた、19歳です
こちらこそよろしくお願い致します!
りな
りな
私は、高嶋りなです、18歳です。
これから、よろしくお願いします!
ヤンサ
ヤンサ
二人共揃っているなら話が早い。
ヤンサ
ヤンサ
まず、今日ここに来てくれて、ありがとう。
ヤンサ
ヤンサ
そして、今回、若い人達をマネに募集したのは、メンバーがマネージャーのことを身近に感じられるようにだ。
ヤンサ
ヤンサ
メンバーとは、家族みたいに接してあげてくれ。
マネージャー二人
マネージャー二人
はい!
ヤンサ
ヤンサ
メンバーは、15歳から20歳と、まあ、若い。
これから、デビューして、どんどん活動していく予定だ。
メンバーの詳細は、メールで送っておく。
マネージャー二人
マネージャー二人
了解です!




と、まあ、とにかく色々説明が終わりまして【⠀いや、雑だな(  '-' )ノ)`-' )ボコッ 】
ヤンサ
ヤンサ
今日は、ありがとう。

明日からが、君達の勤務だ。

ちなみに、君達の担当するtreasureの宿舎までの地図は g―mail を通して送ってある。

じゃあ、今日はゆっくりしたまえ。
あなた
あなた
はい、今日は有難う御座いました
りな
りな
これからも、よろしくお願いします!
やっと終わった、、
ひとまず、今日はもう安心だ
りな
りな
緊張したね!
すっかり、もう私にタメ口のりなちゃん、やっぱり緊張したのかほっとしたような様子だった
あなた
あなた
ねー、まぁ、今日は終わりだし、明日に備えてゆっくり休も!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
と、まあ、そんなこんなで建物を出た
あなた
あなた
今日は、ここら辺のホテルで泊まってこっか!
りな
りな
はい!是非よかったら一緒の部屋にしませんか?
あなた
あなた
いいね!そうしよ!
____________________
作者
作者
作者です
作者
作者
これから、日本語で喋っている時は🇯🇵←このマークを最初に打っておきますね!
作者
作者
では〜!