無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

Asahi side
こんにちは、アサヒです

















こんな、自己紹介する暇ないのですが、、






















ちょっと、今やばいです。。































説明すると長くなるのですが、、、






























とにかく、今までの人生の中で心拍数が一番高いです。。




























簡単に言うと、、、
































思いを寄せている人とバックハグ状態になってしまいました、、























ってか、俺が無意識に、、しちゃっていました、、




























相手は気づいてなさそうだけど






















まじで、心臓の音がうるさい
























相手に聞こえてないだろうか、、


























ああ、俺なんでこんなにあいつの事考えちゃうんだろう


































まあ、「恋」という答えの以外ないんだけどな、、

































とにかく!!何もないように教えないと!
りな
りな
🇯🇵えーーっと、ここが、わからないんですけど、、
アサヒ
アサヒ
🇯🇵ん、えーっとここは、、


















平然を尽くしたつもりだった、、






















クールに接したつもりだった、

































でも、今思えばもっと優しく、ちゃんと教えればよかったと思う、、、































冷たく接してなかっただろうか、、























俺、最悪だ、、



























絶対、バックハグしてたのも気づかれたよな、あの後、、





























気持ち悪いと思われてないだろうか、、





























嫌われてないだろうか、、


























そう考えるだけで心が痛む、、、
























でも、あの後
りな
りな
🇯🇵ありがとうございます//


、、とそう少し顔を赤らめて言ったあいつのことを考えるだけで、






















心臓が、、































もたないんだ、、











ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まだ、アサヒ編続きます!

P.S.表紙画像変えました!