無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

233
2021/08/06

第13話

-12-
電車に乗って約1時間、





家入「お、海だ」





電車から見える海に富士山、





五条「熱海だー!!」


あなた「ちょっとうるさいんだけど。電車の中に人がいないからって叫ぶな」


夏油「全くもって同感」


あなた「てか、いくらなんでも始発の電車に乗る必要なくない?」 ※AM7:00なう


五条「せっかくなら一日中遊んでたいだろ!」


3人 (お前だけだよ) ←←





俺はこの日のために練りに練ったプランを考えてきたのだ
そのためにはどうしても始発の新幹線に乗らなければならなかった
けどなんか柊の機嫌は悪いし、硝子は今さっき起きたばっかだし、傑に関しては変な前髪だし、
みんなそんな楽しみじゃないの!!?





家入「んで、バカ。この後の予定は?」


五条「ホテルに行ってチェックインしてから海!!」


あなた「え、一日中??」


五条「あからさまに嫌な顔すんな。もちろんそうだろ!」


夏油「流石に一日中はきついね。午後からは違うところに行こうよ、悟」


家入「さんせー。って事で3対1でお前の負け、午後からは市街地巡りな」


あなた「私いいところ知ってるから行こー」


夏油「さすが地元民。なんか頼りになるね」


あなた「なんかってなんだ。この前髪やろう」


夏油「あなた???」


家入「あはは笑」





なんか3人で盛り上がってね?
てか、俺だけ置いてかれてね?
え、俺頑張ってプラン考えてきたのになんかあっさりと変えられてね?
まじぴえん🥺





五条「…」


あなた「はぁ…そんなんでいじけんなよ。あくまでも私の目的は墓参り、花とか供物とか買わないと」


五条「…別にいじけてねーし!!」


3人 (こいつめんどくせー)






















五条「海だー!!」


五条「傑!!泳ぎに行こうぜ!!」


夏油「はいはい、」


あなた「いじけてたのが嘘みたいwまるで単細胞生物ww」


家入「それなー。てか暑くね?焼け死ぬんだが」※AM9:00


あなた「あと4時間くらいの辛抱だよ…」


五条「おーい!!硝子も柊も入ろーぜ!!」


2人「はいはい…」










next__________