無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

9
帰り際
龍馬君「なんか手伝おうか?」って言ってくれた!
ほんと嬉しかった...!
その後呼ばれてすぐ行っちゃったんだけどね...
でもでも!嬉しかったのは確か!
終礼の時にてきとーに視線泳がせてたら、
なんか、龍馬君が私の顔じっと見てた...
なんでだろ...なんか顔に着いてたのかな?
それとも、変な顔だったのかな?
んで、思わず視線逸らしちゃって。
その後もう一度龍馬君を見てみたら...
やっぱり見てた...かっこいい顔で。