無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

60
2021/07/13

第15話

お泊まり
〇〇side





紫「早く帰って準備しよ!」

廉「早めに行った方がええからな」

ガヤガヤ










こうなったのは30分前………


海「ねぇみんなでお泊まり会しない?」

玄「いいね楽しそう」

神「(゚ー゚)(。_。)ウンウン」

廉「誰の家でやるの?」

岸「そりゃ〇〇の家でしょ」

紫「(๑•̀ㅂ•́)و✧イイネ!!」

〇『は?』














ということがあった

紫「〇〇の家に行こー」

キンプリ(紫・〇)「おー」

メンバー全員の家に行って支度ができるのを待つ

車の中

〇「あ!ちょっとスーパーよって!」

海「?なにか買うの?」

〇「ご飯の材料買おうかなーって」

〇「なにか食べたいのある?」

キンプリ(〇)「#@@★♭ゝ灬〃」

〇「全員何言ったかいって!」

海「オムライス」

紫「唐揚げ」

岸「うどん」

玄「オムライス」

神「カレー」

廉「ハンバーグ」

〇「オムライス多いからオムライスしよう」




材料を買って家に着いた

廉「〇〇の家久しぶりだな」

玄「あれ?なんか変わった?」

神「言われてみればなんかかわったね」

〇「模様替えしたんだ」

海「へー凄‼️」

〇「オムライス作るから自由にしていいよ!」

神「俺も手伝うよ」

〇「ありがとう」

リビングでは

廉「紫耀と岸さんやばいwww」

海・玄「www」

岸「なんで」

紫「廉が強つぎるの!」

ゲームで盛り上がっています



神「具全部切り終わったよ」

〇「ありがとう次サラダ盛り付けて」

神「わかった」

〇「終わったら卵を割って混ぜて」

神「OKー」







続く

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
分かりづらかったらすみません🙇💦