無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

15
2021/07/26

第4話

story 2
(なまえ)
あなた
失礼しまーす
司東真幸
司東真幸
は~い?
わ、この人綺麗~睫毛長~い
あれ、教員名簿にこんな人いたっけ?
司東真幸
司東真幸
今日はどんな用事かな?
(なまえ)
あなた
えっと、今日からこの学園に転入することになってる不知火という者ですけど…
司東真幸
司東真幸
不知火…?ああ、セブカラの!
司東真幸
司東真幸
あ、でも転入の報告は職員室にお願いしたいんだけど…
…うん?じゃあここどこです?←
(なまえ)
あなた
ここ、職員室じゃないんですか?
司東真幸
司東真幸
うん?ここは、キュアマネの控え室だよ?
ほらと言って、その人は頭上のプレートを指差した。
そこには、違いなく"キュアマネージャー専用控え室"という文字が。
…うん。
迷ったァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!←キャラ崩壊
司東真幸
司東真幸
もしかして、道に迷っちゃった?
(なまえ)
あなた
そ、そのようでありんす…←
司東真幸
司東真幸
じゃ、じゃあ案内するよ…w
おい、このあなたちゃんのナイスボケを笑うんじゃねぇぞふわふわクソキュア先生。
後でしっかりぶっとばしてやんよあ"あ"?
あ、今回はちゃんと心の中に留めておいたぜよ☆←