無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第20話

翔さんのちょっとした疑問
シゲアキside
翔さんに聞かれた
櫻井翔
櫻井翔
あなたっていつもご飯の時厳しいの?
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
や?ご飯の時だけじゃないよ?
小さい頃から、挨拶と感謝の気持ちと悪いことした時にはごめんなさい、ただいま・おかえり、行ってきます・行ってらっしゃい、いただきます・ごちそうさまはちゃんと言えって教えられてきたから
櫻井翔
櫻井翔
そっか
でもうぜぇってならない?
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
翔さんはなった?
あなたがかずにぃに怒ってるのをみて
櫻井翔
櫻井翔
なってないけど・・・
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
けど?
櫻井翔
櫻井翔
シゲたちはならないのかな?と思って
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
俺もかずにぃもさ、
俺らのために言ってる事だと思ってるからさ
今後、失敗しないようにするために
それにそうゆうふうに思ってたら今でも好きでわないでしょ
櫻井翔
櫻井翔
確かにな
あなたがリビングに戻ってきた
櫻井翔
櫻井翔
あ、ニノ大丈夫だった?
あなた
あーうん
加藤シゲアキ
加藤シゲアキ
これからこうゆうこと多くなるかもな
あなた
うん