無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

2-2
429
2022/01/07 10:14
あなた
恵、心当たりがある人ってこの人…?
伏黒恵
あぁ。
心当たりがある人を訪ねて病院まできた。
伏黒恵
虎杖悠仁だな。
伏黒恵
呪術高専の伏黒だ。
あなた
同じく呪術高専の乙骨です。
伏黒恵
おまえが持ってる呪物はとても危険なものだ。今すぐこっちに渡せ。
虎杖悠仁
じゅぶつ…?
あなた
恵!呪物って言っても一般人にはわかんないよ!
コミ力ないなー!
虎杖悠仁
なんか失礼…
あなた
これです!このへんな箱に入ってるやつ!

そう言って私は写真を見せた。
虎杖悠仁
あーはいはい、拾ったわ。
虎杖悠仁
俺は別にいいけどさ先輩らが気に入ってんだよね。理由くらい説明してくんないと。
伏黒恵
あなた
日本国内での怪死者・行方不明者は、年平均10000人を超えています。
あなた
その殆どが人間から流れ出た負の感情、“呪い“による被害です。
虎杖悠仁
呪いぃ?
伏黒恵
お前が信じるかどうかなんてどうでもいいんだよ!
あなた
言い方悪いよ!
あなた
で、特に学校や病院などの大勢の思い出に残らず場所には呪いが吹き溜まりやすいんです。
あなた
辛酸、後悔、恥辱、人間が記憶を反芻するたび、その感情の受け皿となるからです。
伏黒恵
だから学校には大体“魔除け“の呪物が置いてあった。オマエの拾ったものもソレだ。
虎杖悠仁
魔除け?
虎杖悠仁
ならいいじゃん、何が危険なの?
あなた
魔除けと言ったら聞こえはいいですが、より邪悪な呪物を解くことで他の呪いを寄せ付けない、毒で毒を制する悪習なんです。
伏黒恵
現に長い年月が経ち封印が緩んで呪いが転じた。今や呪いを呼び寄せ肥えさせる餌。
あなた
その中でもあなたの高校に置かれていたのは、特級に分類される危険度の高いものです。
伏黒恵
人死にが出ないうちに渡せ!
虎杖悠仁
いやだから俺は別にいいんだって!

虎杖さんが箱を投げた。
やった!任務終了!!
伏黒恵
空…??
あなた
は?!
あなた
虎杖さん、中身は?!
虎杖悠仁
だァから先輩が持ってるって!!
嘘でしょ…!?最悪!任務終了どころか手間が増えた…
伏黒恵
ソイツの家は!?
虎杖悠仁
知らねぇよ。たしかに泉区の方…
あなた
そんな大雑把じゃ困ります!!
虎杖悠仁
伏黒恵
なんだ?
虎杖悠仁
そういや、今日の夜学校でアレのお肌剥がすって言ってたな…。
あなた
……
伏黒恵
……
虎杖悠仁
え…もしかしてヤバい?
伏黒恵
ヤバいなんてもんじゃない!ソイツ死ぬぞ!!
あなた
急いで学校に向かいましょう!!







観光する予定が潰れそうな予感がする…