無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

モーニングルーティーン(3)
スンチョル)💭私、チェ.スンチョル。危うく、天使のせいでキュン死するところでした。フゥー危ない、危ない。
それからなんだかんだ15分経ってしまい、もう9時になりました( -∀・)ニャハ(いや、キャラwww
さすがにヤバいので、マネヒョンに10時じゃ、ダメかお願いします。
電話
チェ.スンチョル
マネヒョォォォン!!
パク.ソンイ
お、なんだぁ?
チェ.スンチョル
今日の出勤、10時じゃ、ダメですか🥺?
パク.ソンイ
またかよwww
パク.ソンイ
今日で何回目だよwww
チェ.スンチョル
だって、ウォヌが可愛すぎるんですもん!!
パク.ソンイ
www
パク.ソンイ
で、今も寝てると、
チェ.スンチョル
はい...
パク.ソンイ
はぁ、しょうがない。
パク.ソンイ
じゃあ10時な
チェ.スンチョル
ありがとぉぉぉヒョン!!
パク.ソンイ
その代わり、
チェ.スンチョル
その代わり?
パク.ソンイ
楽屋では、俺がウォヌ一人占めするから☆
チェ.スンチョル
は?
チェ.スンチョル
いや、そんなの聞いてないし、
パク.ソンイ
じゃ、そういうことでwww
パク.ソンイ
迎えに行くわ
チェ.スンチョル
ちょっと!
ブチッ電話終了
スンチョル)💭いや、ひどっ。んー、まぁ、しょうがないか...
ウォヌ)ギュッヒョンおはよ(* ´ ▽ ` *)
スンチョル)うわぁぁぁ!!な、なんで!!
ウォヌ)そんなにびっくりします?www
スンチョル)い、いや、だって
ウォヌ)んふふ( *´艸`)さぁ、ご飯食べましょ!!
スンチョル)う、うん。
スンチョル)あっぶな!死ぬかと思ったわ。(小声
それから、ご飯食べ、準備してるところに...
ピンポーン
ウォヌ)あ!マネヒョンだぁぁぁ!!ダダダダダ
ウォヌ)ガチャ🚪ギュッマネヒョンおはよぉぉぉ!!
ソンイ)うおっ、お、おはよ( 〃▽〃)
ウォヌ)もうちょっとで、準備終わるから、家の中で待っててね(* ´ ▽ ` *)
ソンイ)ズッキューン!Σ( ̄□ ̄;)う、うん。
続く...