無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

ドギョム×ウォヌ(3)
ドギョムside
それから、二時間ぐらい遊んだ、
もうそろそろ、帰らなきゃな...
ウォヌ)ツンツン(ドギョムの服をひっぱる
アザと可愛いー♪(おい、
ドギョム)ん?どうしました?
ウォヌ)最後に観覧車乗りたい...
アザと可愛i(しつこいわ、
ドギョム)い、いいですよ///
従業員)どうぞ~!!
ガチャ
ウォヌ)わぁ、観覧車乗ったのいつぶりだろ?
ウォヌヒョンに太陽の光が反射して
ウォヌヒョンが輝いて見えた。
ドギョム)ウォヌヒョン、綺麗...(コソッ
ウォヌ)ん?
ドギョム)ウォヌヒョン...(ウォヌに近づいていく
ウォヌ)え!ちょッ、な、何!!んッ///
チュッ
ウォヌ)んぅッ、チュッ、はぁッ、チュッ///
ドギョム)はぁ、チュッ、チュッ
ウォヌ)んぅッ、ソク...ミナッ、チュッ///
ドギョム)チュッ、はぁ、ごめん、ウォヌヒョン...
ウォヌ)はぁッ、なんで、いきなりッ?//
ドギョム)ウォヌヒョンが綺麗で...
ウォヌ)んふっ、ありがとう(*^^*)
あー、
今すぐにでも、おそi(やめい、
ドギョム)...ウォヌヒョン..
ウォヌ)?
ドギョム)夜はよろしくね?ニヤッ(耳元
ウォヌ)///コクッ(うなずく
ドギョム)wwwありがとう(頭ナデナデ
ウォヌ)ほッほらッ!!もう降りるよッ!!
ドギョム)はーいwww
ドギョム)じゃあ、家帰りましょうか!!
ウォヌ)うん!!
続く...