無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

くれーぷ
「妃奈~帰るぞ~!!」



妃奈「はぁい!!聖奈また明日ね!!」



聖奈「また明日ね~!!」



「じゃ~な!!」





聖奈「本当にあそこは仲良いんだから 笑」



拓海「それな~ 笑 付き合ってんじゃね? 笑」



聖奈「それはどうだろ~ 笑 あの二人は兄妹に近い関係だからね 笑」



拓海「ずっと一緒にいるんだもんな~ 笑 」



聖奈「あんなにカッコイイ子が隣にいるのに 笑」



拓海「可愛い子がいて手を出さないって怖いわ 笑」



聖奈「すぐそういうのに走る~ 笑」






妃奈「北斗!!」



「どうした?」



妃奈「クレープ屋さん寄ってこ!!」



「お前…太るぞ? 笑」



妃奈「むぅ そんな事言わないで!」



「ごめんって 笑 行こっか 笑」



妃奈「うんッ!!」



「今日は何選ぶの~?」



妃奈「んふふ♡何にしようかなぁ♡」



「抹茶?スイートポテト?」



妃奈「やばぁ迷っちゃう…」



「じゃあ抹茶とスイートポテト両方頼もっか 笑」



妃奈「えっ!?いいの!?✨」



「いいよ 笑 妃奈が嬉しそうに食べてる所見るの好きだから 笑」



妃奈「やったぁあ!!!」



「ははっ 笑 お、着いた 笑」



妃奈「北斗~みて!!あれ美味しそぉ♡」



「抹茶の新作出てんじゃん!あれにする?」



妃奈「そ~する♪」



「待っててね!!」



妃奈「はぁい!!」






「お待たせ~妃奈!美味しそうだよ♡」



妃奈「うわぁ美味しそう(⁎⁍̴̀﹃ ⁍̴́⁎)」



「最初どっち食べる?」



妃奈「ん~スイートポテト!!」



「ど~ぞ!俺抹茶食べてるわ 笑」



妃奈「んへへ♡いただきまぁす」



「どう?美味しい?」



妃奈「ん~あんまぁ♡おいち!!」



「よかったね 笑 抹茶も美味しいよ?」



妃奈「ちょ~だい!!」



「はい、あ~ん!!」



妃奈「あ~ん!! え、うんまぁ!!」




「可愛いなぁ 笑」



妃奈「んふっ幸せ💞」



「このあとどうする?」



妃奈「北斗のお家泊まる!!」



「いいよ 笑 じゃあ妃奈の家行こっか 笑」



妃奈「うん!!」