無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

鈍感
「妃奈、そろそろ花火始まるよ?」



妃奈「え、マジ!?どこでみる?」



「あ~あの海行かない?毎年人少ないじゃん?」



妃奈「いいね!!じゃ早く行こ!」



「危ねぇから手繋ぐぞ? 笑」



妃奈「//はぁい」






「着いた~ 笑」



妃奈「やっぱり今年も人少ないね~ 笑」



「だな 笑 めちゃくちゃ穴場だぞ 笑」



妃奈「あっ!!来た!!」



ヒューーーーーン



バァァァアン!!!✨



「うぉすげ~ 笑」



妃奈「きれ~い😍」



「今の技術ってすげ~んだな 笑」



妃奈「本当だよね~ 笑 リボンとか作れちゃうんだぁ✨」



「だな 笑」






妃奈「北斗~」



ヒューーーーーン



「ん?どした?」



バァァァアン!!!✨



妃奈「........................」



「ん?なんて?聞こえなかった 笑」




妃奈「ん~ん!なんでもない! 笑」



「そっか 笑」






妃奈「もう、、終わっちゃったね~」



「だな、、」



妃奈「なんかもったいないなぁ」



「、、、、妃奈月見てみ?」



妃奈「え、?すごい!綺麗✨」



「月綺麗だな、、」



妃奈「そうだね~今なら手が届きそう 笑」



「確かに 笑 デカいもんな~」



妃奈「、、、、うん 笑」







伝わらなかったのかもしれないな。妃奈には 苦笑