無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第1話

1 ある日のこと
キキッードンッ
シルク
痛たたたた…
えっ、おい親父たち!兄貴も!
あなた

い、痛い…

シルク
子供…
あなた

お父さん、お母さん😭

シルク
大丈夫だよ…
お兄さんがついてる
あなた

ほんと?

シルク
とりあえず、病院かな
そしたら、警察署に行かされると思う
あなた

(。_。`)コク

シルク
ちなみに何歳?
あと、名前
俺は、シルク
あなた

あなた
15の中三

シルク
受験生か、了解
病院の後警察署へ
警察
今回、どのような事故だったか説明していただけますか?
シルク
はい、簡単に言うと僕ら2家族は信号で待っていて動いて見ませんでした。
その前を普通にトラックが通りました。このトラックは実際倒れてきたトラックです。
しかし、僕らの前から来たトラックがその前を走ったトラックに行き良いよく当たり、トラックは重いのにこちらに倒れてきました。
で、僕らだけ下敷きにされない2列目に座っていました。
シルク
あなたは、なんかある?
あなた

((-ω-。)(。-ω-))ウウン

警察
ありがとうございました。
あの未成年の方はこれからどうされます?
シルク
俺が引き取ってもいいですか?
あなた

えっ、いいの?

シルク
あぁ
警察
じゃあ今から手続きをしましょう
シルク
はい
手続き終了
警察
ありがとうございました
ご冥福をお祈りします
シルク
ありがとうございました
あなた

<(_ _)>

シルク
よしっ!あなた行くぞ!
あなた

うん

シルク
暗くなるのは俺も分かるけど暗かったら家族が心配するぞ!
あなた

そうだね!

シルク
よかった!
と話してる間に着いたぞ!
まて、あいつらがいるw
あなた

その人たち優しい?

シルク
優しいよ
個性強いけどw
あなた

ε-(´∀`*)ホッ

シルク
ガチャ
た、ただいま
Fischer's
おかえりー
シルク
(リビングのドアを開ける)
シルク
今日は、マサイとだほとモトキか
マサイ
お前!後ろの子だれ?
ンダホ
ウオタミさん?
モトキ
それとも誘拐?
あなた

ウオタミ?

シルク
いや、警察に言ったしw
誘拐じゃないよ
シルク
実は、(今まであったことを話す)
ンダホ
そうなんだ…
これからよろしくね!
ンダホって言います!
モトキ
モトキ!
マサイ
マサイ!
あなた

よろしくお願いします

マサイ
今日は、俺ら帰るわー
シルク
ありがとな
Fischer's
( ๑≧ꇴ≦)ゞアデュー!!!!
あなた

アデュー?

シルク
俺らの中の挨拶
あなた

そうなんだ

– – – ✂︎キリトリ線✂︎– – –✂️

読んでくれた方ありがとうございました!
ぜひお気に入りといいねよろしくお願いします!
質問とかあればコメントください!


( ๑≧ꇴ≦)ゞアデュー!!!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

なつ
なつ
頑張って手の込んだのを書いてみたいですw ティー☕のリア友です! 相当🐢
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る