無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,423
2018/11/19

第2話

朝ごはん!
あなた
あなた
(今日から私、美澄あなたはビューティフォー(っ'ヮ'c)ウゥッヒョオアアァな高校生活をおくるんだ!)
花音
花音
あなた〜?朝ごはんできたよー
あなた
あなた
ふァ!分かった〜!
(^q^≡^q^)ドタドタドタドタド階段を降りている
あなた
あなた
\( 'ω')/ウオオオオオオアアアアーーーーッッッ!!!!
美味しそー!
(朝からハイテンション)
花音
花音
ふふふ  舌噛まないように食べてよ?
あなた
あなた
(ฅ・ч・ฅ)うんめー
ゴチソ━(人>▽<。)━サマッ
花音
花音
もう食べ終わったの?
あなた
あなた
美味しいもんでねー!
それに…
花音
花音
楽しみにしてた高校生最初の日だもんね!
あなた
あなた
うん!
あなた
あなた
しかもお姉ちゃんのいる学校に受かったんだもん!
そりゃーウキウキしちゃうもん!
あなた
あなた
あと、お姉ちゃん入学式で生徒会長として挨拶するんでしょ!?
花音
花音
う、うん…緊張しちゃうなー
作者たん
作者たん
花音は学年首席で生徒会長なんだぞ!
花音
花音
ってこんな事喋ってたら時間が!
あなた
あなた
アアアァァ( °∀°)ァァアアア!
花音
花音
私は入学式挨拶の準備とか色々しなくちゃいけないから先行ってるね!
お弁当は玄関に置いとくね!
バタッ!(戸を閉めて出てった音)
あなた
あなた
あぁ〜!
お姉ちゃーん!
って時間まじでヤバい早く準備しないと!
________________

さあ間に合うのかな?
あなた
あなた
私のビューティフォーな高校生活が
入学式に遅刻したぐらいで終わってたまるか!
作者たん
作者たん
あ、すみません
早いよなー
長くしたいけど頭がなー