無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
56
2021/06/19

第4話

Episode3
努力でも何でもしなよ?





何それ。
◯◯
だから、ユラにはわかんないんだってば!!
◯◯
小さい時から可愛くて皆にチヤホヤされてきたユラには分かるはずないの!!
ユラ
あなたっ、そういうつもりで言ったんじゃ無いの!
◯◯
私はいくら努力したって、いくら勇気を出したって
◯◯
報われることなんてないの、グスッ



カフェの店内で大きな声を発した



人目も気にせずユラに言いたいことを言った




この時の私は正気を失ってたんだと思う。



◯◯
ごめん、私帰るね


泣きながら店を出て、人通りの少ない路地裏に来た





1人になって膝から崩れ落ちて、ひたすら泣いた



あの、


男の人が声をかけてきた




短時間で泣き止むことなんて出来るはずもない




けど、無視するわけにもいかない


だから、恥ずかしい気持ちを振り切って顔を上げた



Jungkook
Jungkook
すみません。いきなり声かけちゃって、


そこにはとんでもないイケメンが立ってた



◯◯
あ、いや、大丈夫です、
Jungkook
Jungkook
さっきカフェであなたのこと見てて、その、、








































あなたに一目惚れしました____。




NEXT