無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

参(炭治郎side)
炭治郎side
俺は最終選別に来ていた
今から気を引き締めなきゃ
???「Excuse me!」
え、えくす……?
なんて言ってんだ?
炭治郎「?」
???「Heyそこの君!」
俺のことか?
炭治郎「俺?」
???「そう、俺」
炭治郎「なんですか?」
この子、可愛いな///
???「えーと、ここどこか分かる?」
えぇ?!この子
ここがどこか分からないのか?!
不思議な子だな
炭治郎「ここは藤襲山だ」
???「ほほー、なるほどー」
???「何処やねん!」
一体何者なんだ?
でも、ここに来てるなら最終選別に来た子だよな?
でも、ここどこか分からなかったみたいだし……
聞いて見るか!
炭治郎「君も最終選別に来たんだろ?」
???「…………最終選別とは?」
やっぱり知らないみたいだな
じゃあ、なんでここに?
迷ったのか?
炭治郎「最終選別ってのは鬼殺隊に入るための試験であって……それに合格しなければ鬼殺隊に入れないんだ」
???「……」
炭治郎「俺は鬼にされた妹のために鬼殺隊に入るんだ」
???「へぇー」
???「鬼いるの?!」
炭治郎「あ、あぁ」
すると、急に黙った
本当に不思議な子だな
???「……そっか……鬼か……」
炭治郎「大丈夫か?」
???「うん、大丈夫」
???「今頑張って頭の中を整理してる」
炭治郎「そうか」
そういえば、自己紹介してなかったな
炭治郎「あ!俺、竈門炭治郎だ」
???「私は小時あなた」
小時あなたって言うのか……
いい名前だな
あなた「よろしく!すげーピアス君!」
炭治郎「よろしくな!あなた」
すげーピアス君……?
なんだそれ?
炭治郎「てか、なんだよ!すげーピアス君って」
あなた「あだ名!」
名前で呼んで欲しいな
炭治郎「いや、普通に炭治郎って呼んでくれ」
あなた「おけまる!」
炭治郎「お、おけまる?なんだそれ?」
聞いたことない言葉だな
やはり不思議な子
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
作者です!!!!!
炭治郎ってこんな感じですかね?
あと、原作と違う所とかあるかも知れないのでそこはどうか見逃して下さい( 人˘ω˘ )