無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

『 天使のお仕事 』11 〜
『天使のお仕事』

☆11☆


私は階段を駆け登った!


涼介が居る!
そう思うだけで、気持ちはハヤった。


圭「あ、ねぇ!りりか!どこ行くの?」
り「屋上 行ってくる!」


圭人くんに手を振りつつも、勢いを止めず階段を駆け登った。

屋上の扉まで行くと、息が切れて…
でも、この向こうに早く行きたくて…


勢いよく、扉を開けた!

っ!ガチャッ!!!


屋上に降り立ち、2・3歩 歩くと、
キ〜〜ン バタンッ!!!
と、ゆっくりと扉が閉まった。


見渡しても誰もいない。

いつもの、日陰へ向かうと…

上着を枕にして、片腕で目を覆い、寝ている涼介。


やっぱりいた♡


私は隣に座ると、話しかけた。


り「どうして朝練、行かなかったの?」


何も答えない。

でも、私は知ってるよ。
こうしてても、いつも寝てないこと。

そして、私の話を、しっかりと聞いてくれてること。


☆12☆

り「試合前なのに。どうして?」
涼「・・・・・」
り「ナナミちゃんが言ってた。デリケートな時だからって。でもさ、プライベート持ち込むのって、皆んなに失礼じゃない?それに、大会は待ってくれないよ?最後の大切な大会だよ?ねぇ!涼介っ!!!」



っ!!!えっ!!!

涼介は、飛び上がるほどの勢いで、ガバッ!っと起き上がり、私の肩を掴んだ!


涼「オマエっ!誰だよっ!!!」


勢いで近付いた顔は、どこか怖くて…





でも どこか…








悲しげで…








涼「…もしかして……」



キ〜〜ン バタンっ!!!

扉が閉まる音で、誰かが来るのを察した涼介は、我に帰った様子で、手を離した。



涼「…なワケないか……」


そう言いながら、上着を拾い上げ、少しはたいてから、その場を立ち去った。


☆13☆


まさか…気付かれた……?
やばいよ…

私は、いつもと同じ様に、涼介に声を掛けた事を後悔した。

バレたら、終わりだから…




圭「りりか?こんなところで、どうしたの?」


涼介と入れ替わるように来た圭人くん。

なんだか、いつも心配かけちゃってるな…


り「えっ?ううん、何でもないよ?」
圭「……昨日の先輩と…何かあった?」
り「っ!は、はぁ?何かってなに?何も無いよぉ〜やだなぁ〜w」



圭「そぉ?」


うっ!//



け、圭人くんって、捨てられた子犬系男子なんだね…

その、上目遣い…
ハッキリ言って、可愛いよ〜w


り「あっ!そうだ!お弁当!早く食べよう?!ねっ!」
圭「…う、うん。そうだね。」


ごまかしながら、お弁当を開けると、いつもの私のお弁当とは違う、りりかちゃんのお弁当で…


圭「おっ!ヤッタァ〜!卵焼き♡も〜らいっ!」
り「えっ…」


☆14☆


それはまるでデジャヴだった。


私のお弁当に、卵焼きが入ってると、必ず涼介が先に食べちゃう。

だからお母さんに、卵焼き入れるなら、たくさん入れてと言っていた。


圭「りりかママの卵焼き、ホント美味しいね♡」


涼介も、いつもそう言った。

いつか お母さんの卵焼きを作れる様になりたいなぁ〜なんて、思ってたのに…


できなかったな…


そんな些細な事なら、やり残した事なんて、たくさんある。

私は改めて、生きてる事の意味を知った。


り「そんなに美味しいなら、圭人くんに全部あげるっ!w」
圭「ふふっw ホント?嬉しい〜!」


笑顔でパクつく圭人くんは、幸せそうで…


私の任務の終わりが近い事を、告げていた。


このままじゃ、ダメだ…





涼介を…






助けたい!!!







私の願いは、いつしか変わっていた。

愛されたいよりも…

愛してるに…



☆15☆


り「ママ?卵焼き教えて?」
母「は?ママって…」
り「ごめんねママ。私には時間がないの。だから、卵焼き覚えなきゃなの。お願い!」


そう頭を下げる私に、笑顔を向けた。

何度も何度も繰り返し作ってるウチに、手際も良くなり、熱の加減も覚えてきた。


り「よし!明日は自分でお弁当作るから!!!」


喜んでくれるかなぁ〜?


圭人くん。




と、涼介…




次の日。
私はお弁当をふたつ持って、学校へ向った。


おっ!朝練やってる やってる!!!

あっ!涼介だっ!!!


涼介の姿を見つけ、駆けよろうかと踏み出した瞬間…

足が止まった。



なんだろう…胸がざわめく…



涼介の隣には、ナナミちゃんがいて…

昨日とは別人のように、ふたりは笑い合っていた。



それは、私が見た現実だった。




☆16☆

涼介は…


前を向いている。



そう思ったら…辛かった。


私…忘れられちゃったのか…



シんだのに女々しい自分が、嫌だった。



そんな立ち尽くす私に声をかけたのは…

ナ「おはよう…どうしたの?」

優しそうな、ナナミちゃんだった。



り「あのコレ……涼介…先輩に…」


私は卵焼きのお弁当箱を差し出した。


ナ「自分で渡せば?涼介くん、今日はご機嫌だったからw」
り「でも…」
ナ「…いくら私がマネージャーでも…恋のライバルのお手伝いは、できないよ?w」


笑顔で言うナナミちゃん。

涼介がご機嫌だから?
ナナミちゃんも優しくなれるの?


本当に…恋してるんだね…


ナ「また、お昼に屋上行ってみたら?」
り「そ、それは…できません!」


昨日みたいに、バレそうになったら困るから…


☆17☆


り「す、すみませんが、お願いします!」


私は強引に、お弁当箱を押し付けると、走って逃げ去った。


卵焼きなんて…作らなきゃ良かった。
なんで、渡しちゃったんだろう…


このままじゃ、私…
涼介の事…振り切れないよ…





圭「あ、りりか…おはよ。こんな所で どうしたの?」
り「……うん…」
圭「…どうして?」
り「え?」
圭「どうしてそんな悲しんでるの?」
り「…ゴメンね、何でも無いの…」
圭「もう…見てられないよ…」



っ!!!え…やばっ!!!



いつもの圭人くんからは、感じられない、力強さ…



暖かい…



私は抱きしめられ、圭人くんの胸で泣いた。


圭人くんの その優しさは、私の傷口に沁みた。







もう…
サヨナラしなきゃだな…


りりかちゃん…お幸せに…






目を瞑ると、私は何かの光に包まれた…




☆18☆
神「おかえり!」
り「はっ!神先輩!」
神「早かったやん!任務簡単やったか?」


気づくと私は、薄っすらと霧がかったお花畑の中で、天使の神先輩と会っていた。


り「神先輩…私、ダメでした…」
神「任務は完了したんやろ?」
り「……天使のお仕事って…大したこと無いですね?」
神「なんや〜聞き捨てならないなぁ〜w」
り「恋のお手伝いだなんて…そんなのどうにでもなるよ…」
神「でもな?俺ら天使がキューピッドにならへん恋は、消えてまうんやで?」



でも…



私の恋は…



涼介との恋は…




本物だった。




あんなにも心がトキメクなんて…




本物以外に言葉がない。






り「…だったら……私、やり残した事がある……」
神「そうくると思っとったw」
り「えっ?」
神「申請したったで!」


そう言うと 神先輩は、キラキラしたハートが先っちょについたタクトを振った。



☆19☆

そのタクトの動きに合わせ、キラキラと流れ星のシッポの様に輪を描くと、空中にフワッと映し出された申請用紙みたいなの。



そこに書かれていた名前は…
















涼介。







キューピッド__________________こころ






私だ。







神「過酷やで?きっと?」
こ「はい、承知で行ってきます!」
神「ほな〜行ってこぉ〜〜いっ!」

神先輩が私に向けて、もう一度 タクトを振ると、キラキラの輪の中をくぐり抜け、私はまた人間の中へと入り込んでいた。




キーンコーン♪カーンコーン♪


チャイムが鳴ると、皆んな一斉に動き出した。

お弁当を広げたり、財布を持って購買へ向かおうとしている。


そっか、お昼休みだ!


私は鞄からお弁当を取り出し、教室を見渡した。


もう 居ない…


よしっ!あそこだっ!!!





☆20☆


ハァ…ハァ…ハァ…

息が…




ガチャッ!!!

キィ〜〜バタンッ!!!




息が整わないまま、日陰のところまで行くと、やっぱり涼介が寝ていた。


ナ「ハァ…ハァ…涼介……?」
涼「・・・・・」
ナ「お弁当作ってきたの…どぉせ まだ食べてないんでしょ?」
涼「・・・・・」
ナ「…ママにね?教えてもらって作ったんだ…卵焼き。食べてみて?」
涼「・・・・・」
ナ「ねぇ、涼介〜!」


涼介の目を覆っていた腕を揺すり、起こしてみる。

揺れが収まると、涼介がこっちを見た。


涼「ふふっw」


どうしてか分からないけど…

笑いながら起き上がり、側に置いてあった お弁当を開いた。


涼「へっ?卵焼きだけじゃんww」
ナ「あ!ご飯 忘れた!!!」


お弁当箱いっぱいに詰められた卵焼きを見て、嬉しそうに笑う涼介は、昨日までとは違っていた。


涼「おっ!美味っ!すげーなオマエ!!!」