第30話

030
644
2024/03/01 08:46
rd
あ~~きもち~~
あなた
…………
 

どうしてこうなった……


あの後話を聞いたラダ先に連れ込まれて(強制的に)使い魔召喚をさせられた私

戻ってくるとにこにこの笑顔でロビン先生が喜んだ


というか気づいてないの…?

その天然さは凄い…と思う


でも正直言ってラダ先の使い魔姿可愛いんだよな…

ぬいぐるみっぽくて触り心地も良いし

 
あなた
…………
rd
めっちゃむにむにしてくるじゃん
あなた
え、だって気持ち良いし
この姿のラダ先なら好きかも
rd
え、何普段の俺好きじゃないってこと?
あなた
ノーコメントで
rd
俺泣くよ???
sho
…てかなんで俺らほんとにこんなことしてんねん
tn
まあ使い魔を労わるのはいい機会やな
でも先生を労わるのは違うと思うんやけど…
あなた
終わろう?終わろう?もうこれ
 




 

数分後、満足したらしいラダ先はあの姿のまま、ふよふよとどこかへ行ってしまった

召喚はいずれ解除されるだろうから大丈夫だろう

 
ロビン
さあ次はシャオロンくんの使い魔の番だよ!!
sho
え?あー……俺は良いですよ
使い魔いないんで
ロビン
えっ?そうなの?
sho
はい……なんか召喚向いてなかったみたいなんですよね…
 

そういって頭をかくシャオちゃん

 
sho
いやぁ…俺もびたかったな、使い魔…
ロビン
それは楽しみだね!!
sho
…へ?何が?
ロビン
まだ見ぬ使い魔がだよ!!
ロビン
べなかったってことはさ、これからどんな魔獣が来てくれるか未知数ってことでしょ?
それってすっっごくワクワクするじゃない!!
 

そういってロビン先生は太陽のような笑顔で笑った

 
sho
…………ははっ、いつの間にか俺のお悩み相談になってましたね
 

ロビン先生のその言葉に驚いたように目を見開いたシャオちゃんは少し笑うと立ち上がった

 
sho
有難う、ロビン先生
いつかスッゲェ使い魔んで、度肝抜かしたるんで期待しとってください
 

そういって笑ったシャオちゃんは歩き出した私たちに向かって小走りでやってくる

 
sho
先生、使い魔召喚のコツ教えて下さいよ~
ロビン
気合いだよ!
sho
えっ
 

気合ではどうにもならないと思う、ロビン先生……


こうして、唐突に始まった新任教師・ロビン先生との交流により使い魔と主の親睦は深まった

…でも、

 
ロビン
あと100枚だよ!!頑張ろう!!
sho
もう帰らして……
あなた
……書類燃やしたい
 

私たちとロビン先生との溝は深まった

 
 

電波悪すぎて通知がいかなかったので2話だしました

プリ小説オーディオドラマ