第36話

036
498
2024/03/15 07:04
あなた
……透明な壁?
shp
みたいやな、なんやこれ…
ci
あっ、こっちなら通れるみたいですよ!!
shp
お、ナイス
あなた
なんなんだろう、これ……企画?それとも何かがあったとか?
shp
わかりません…とりあえず今はみんなの向かう先へ行きましょう
あなた
あの4人大丈夫かな…
ci
シャオさんたちなら大丈夫っすよ!!
あなた
…そう、だよね
 

皆の後をついていくと広場についた

先生たちが慌てたようにバタバタと動いていた


やっぱり何かがあったのだろう

とりあえず安全地帯(?)についたので私は意識を一時的に向こうへ持っていった




ぱち、と目を開けた

目の前ではシャオちゃんたちが騒いでいる

辺りは崩れた荷物が目に入った


動こうとしたけれど、やめた

流石に動いたら魔力消費が激しくなる


ちなみに目の前のシャオちゃんたちは何やらさっきの自身を自分たちの力と勘違いしているらしい

あっ、決めポーズ決めた


…うん、大丈夫そうだね

私は意識を戻した





 
shp
…あなたさん、あなた!
あなた
んぇ!?
ci
あ、やっと気が付いた…大丈夫ですか?
あなた
あ、御免
意識幻影コピーに持って行ってた
shp
分身…?
そういえばさっきも逃げる前なんかしてましたよね、あれ何してたんですか?
あなた
私の家計能力ね、奇術エンチャントって言って自分や相手…まあ人以外も出来るけど、幻影を作ることができるの
で1人だけなら視覚や嗅覚の共有ができるからさっき確認しに行ってただけだよ
shp
はー、なるほど…
ci
シャオさんたち無事でした?
あなた
うん、全然大丈夫だよ
 

自身を自分の力に勘違いしてたのは流石に恥ずかしいだろうし言わないでおいて上げよう……うん、それがいい

 
rd
あなた!
あなた
ラダ先!?
ci
ラッダァ先生!?
rd
大丈夫だったか…?
あなた
え、あ、うん……なんでここに?
rd
いやもんだ…う"う"ん"っ
イベントクリアできたんかなーって
 

問題って言ったぞ、問題って

 
shp
チーノ、誰?
ci
ラッダァ先生
ゾムさんとあなたさんを引き抜こうとしてる人
shp
…ああ、
rd
え何俺それで伝えられてんの??
あなた
まああながち間違いではないよね
rd
あなた???
 

え、いや私間違ったこと言ってませんが……??

 
すみません更新忘れてました

もう1話あります

プリ小説オーディオドラマ