無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

936
2021/08/19

第3話

2話 GAME
だるま
だるま
だーるまさんがこーろんだ
みんなの前に現れたダルマ。
ゆあん
ゆあん
反射的に全員が動きを止める。
真っ青になって声も出ない人もいる。
もふ
もふ
みんな動かないで…
うり
うり
早く消えろ消えろ消えろ
目の前からだるまが消えた。

だるまが消えてもみんな動かない。そうなってもおかしくない。

このだるまは動いている人間を『殺す』
そういうものなのだ。だから、だれも動けない。
なおきり
なおきり
僕、動きます。
じゃぱぱ
じゃぱぱ
えっ!ちょっと待ってよ!












.
なおきり
なおきり
はぁ~!生きてます!動いていいですよ!
ヒロ
ヒロ
よかった…
安心した顔でみんな動き出した。
どぬく
どぬく
ねぇ!あそこに紙がある!
どぬくさんが気に向かって指をさす。
たっつん
たっつん
ほんまや!
たっつん
たっつん
けど木の上にあるやん。どうすんの?
のあ
のあ
あんな高いところ無理です。ムリムリ!
るな
るな
ではるなが取ってきます!
もふ
もふ
ゑ、マジ?
以外なことにるなは運動神経がよかった。
登りやすそうな木からスルスル登り、紙がある木までぴょんぴょん飛び移っていった。
うり
うり
すげぇ…
るな
るな
よいっしょっと!取れました!
るなは紙をペラペラさせながらこちらを見た。
じゃぱぱ
じゃぱぱ
ナイス!
るながピョンっと木から降りて、じゃぱぱに紙を渡した。
じゃぱぱ
じゃぱぱ
えーっと、「君たちには『だるまさんがころんだサバイバル』をしてもらう。
この世界は『マインクラフト』というゲームと同じような世界にしている。気温などの概念は無い。
ルールは君たちのやっているものと同じ。
ゆあん
ゆあん
ふむふむ…
じゃぱぱ
じゃぱぱ
だが、ルールを少し改変する。
制限時間は無制限。ダイヤピッケル2本で石像を壊してもらう。」
のあ
のあ
ダイヤピッケル2本はまだ大したことないですよね…?
ヒロ
ヒロ
石像を壊すだけじゃダメなのかな…?
もふ
もふ
もしくは、石像が物凄く難しい場所にあるか…じゃない?
うり
うり
うわーまじめんどくせぇ~!
どぬく
どぬく
ねぇじゃっぴ!まだ小さい文字で何か書いてる!
どぬくさんがじゃぱぱが持ってる紙をよく見て言う。
じゃぱぱ
じゃぱぱ
あっ!ほんとだ!






















.
じゃぱぱ
じゃぱぱ
「もしかしたら君たちが探しているものも見つかるかもね」
スタ
スタ
長くなってしまった…
スタ
スタ
では!