第2話

今日は今までと違う
ガチャッ
ななもり「ただいまーっ!!
みんなー、俺らのゆりらちゃんが帰ってきたよー!!」
『...?』
ガチャガチャッバタンっ!
???「「ほんとっ!?!?」」
ななもり「ころちゃん莉犬くん、慌てすぎだってww」
莉犬「だってぇ...」
ころん「しょうがないじゃん、だって7年ぶりだよ?」
ななもり「それもそうだねw」
『...???』
ダダダダダダダ...
???「ゆりらちゃーんっ!!」
ガシッ
ころん「おいジェル?(圧」
ジェル「しょうがないやん!!」
ななもり「さとみくんとるぅとくんは?」
莉犬「ゆりらちゃんが来るからって、買い出しに行ったよ」
莉犬「ゆりらちゃんに似合いそうな服とか家具とか調達してくるって言ってたけど...
今のゆりらちゃん、すっごい大人っぽくなっててあの頃のイメージじゃ似合わないかもなぁww」
『...?????』
ななもり「まあとりあえずリビング行こ、そこでさとみくんとるぅとくん待てばいいよ(*´꒳`*)」
ころん・莉犬・ジェル「「「分かったー」」」
スタスタ...
ガチャ
ななもり「さっここ座って、ゆりらちゃん」
『...あの...』
ななもり「ん?」
『状況が...理解できないのですが...』
『ゆりらって...誰ですか?』
『私は...ここに奴隷として...買われてきたんじゃ...ないんですか?』
ななもり「っ!...みんな揃ってから、説明するよ」
『わかりました...』
数分後
???「ただいまー」
???「戻りましたー、ゆりらちゃん来てます?」
???「るぅとお前ゆりらちゃん気になりすぎだろww」
???「さとみくんだって気になってたじゃないですか!」
ななもり「おっ来た来た」
莉犬「おかえりーっ!!」
ころん「ゆりらちゃん来てるよ」
ジェル「超可愛く成長しとるでー」
さとみ「まじでー!?」
ガチャ
るぅと「おー!!大人っぽいですね!!」
莉犬「買ってきたもの、似合いそうー?」
るぅと「流石にイメージ変わってることくらい想定してましたよ、問題なく似合うはずです!」
『私の...ために...?(ボソッ)』
ななもり「じゃゆりらちゃん、この状況を説明するよ」