前の話
一覧へ
次の話

第1話

今日も繰り返される
司会「では今日の目玉商品のお出ましです!!」
ザワザワ...
パッ
司会「なんと10歳の頃から毎回オークションに出品され、
毎回数十億の価格で取引される少女、
通称『アンドロイドガール』でーす!!!」
オオォォォォォ!!
「あの子が噂の!」
「噂通り綺麗な子だなぁ...」
「でも数十億だろ?
俺はあの子をそんな価格で買おうとは思わないね」
「でもよーく見てみろよ...なんか...目が離せなくなる...」
「なんて無機質な瞳...流石『アンドロイドガール』...」
富豪「50億だ」
富豪「50億で俺が買おう」
オオォォォォォ!!
司会「おおっと最初から高値が出ました!!
他に誰かいませんか?」
司会「いないなら決定で...」
???「55億」
富豪「!?じゃっじゃあ、60億!!」
???「チッ、じれったいなぁ...」
???「100億」
オオォォォォォ!!!
司会「〇〇様、どうでしょう?」
富豪「ぐっ、譲ります...」
司会「では、この商品は"ななもり"様の物になります!
ありがとうございましたー!!」
パチパチパチ...
「いやぁまさか100億とは...」
「やばいっすねあの男...」
「"ななもり"なんて聞いたことがないが一体どこの大金持ちなんだ...!?」








































ななもり「やっと見つけた...!!」