無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

191
2021/06/10

第7話

第二話「どうすりゃいいんだ」焦凍side
俺は轟焦凍。
雄英高校ヒーロー科1年A組の生徒だ
最近妙なやつがいる…、
そいつが俺意外と喋ってるとこ見っと…

なんか…ムカつく。
なんなんだ…
轟焦凍
轟焦凍
緑谷、ちょっといいか
緑谷出久
緑谷出久
いいよ!どうしたの轟くん。
移動しました(
轟焦凍
轟焦凍
悪ぃ、聞きたいことがあって
緑谷出久
緑谷出久
大丈夫!
轟焦凍
轟焦凍
白野あなたってやついるだろ、
そいつが俺意外と話してると
なんか…ムカついちまうんだ。
緑谷出久
緑谷出久
え…、っと。
轟焦凍
轟焦凍
分からなかったらいい、
でも分かるならこれがなんなのか
教えてくれねぇか。
緑谷出久
緑谷出久
わかったよ…、それはね轟くん。
"恋"だよ。
轟焦凍
轟焦凍
っ…?!恋…??
…わかった、ありがとな緑谷
家に帰ったら姉さんにも聞いてみる。
帰宅
轟焦凍
轟焦凍
ただいま姉さん。
轟冬美
おかえり、焦凍
轟焦凍
轟焦凍
姉さん、聞きたいことがあるんだ
いいか?
轟冬美
?いいよ
事情を説明
轟冬美
焦凍!それ"恋"!
轟焦凍
轟焦凍
…クラスのやつにもそう言われた。
轟冬美
焦凍もそういう年頃なのね〜…!
轟焦凍
轟焦凍
やめてくれ…//
轟冬美
かわい〜♪
自室
轟焦凍
轟焦凍
恋っつっても…どうすりゃいいんだ…
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈